ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju657

古今著聞集 草木第二十九

657 堀河院の御時五月五日江帥菖蒲を奉りたりける状に・・・

校訂本文

堀河院1)の御時、五月五日、江帥2)菖蒲を奉りたりける状に、

 進上 水辺昌蒲

  千年五月五日        大江為武

この状を殿上に出だされて、人々に、「読め」と仰せけれども、誰(たれ)もその心を知る人なかりけるに、師頼卿3)、その時弼少将とて候ひけるが、案じ得て、読み侍りける、

  進(たてまつ)り上ぐる汀(みぎは)のあやめ草千年(ちとせ)のさつきいつかたえせん

翻刻

堀河院御時五月五日江帥昌蒲をたてまつり
たりける状に
 進上    水辺昌蒲
  千年五月五日        大江為武
此状を殿上に出されて人々によめと仰けれとも
たれもその心をしる人なかりけるに師頼卿其時/s519r
弼少将とて候けるかあんし得てよみ侍ける
 たてまつりあくる汀のあやめ草千とせのさ月いつかたえせん/s519l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/519

1)
堀河天皇
2)
大江匡房
3)
源師頼


text/chomonju/s_chomonju657.txt · 最終更新: 2021/01/06 22:09 by Satoshi Nakagawa