ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju655

古今著聞集 草木第二十九

655 永承六年五月五日内裏に菖蒲の根合ありけり・・・

校訂本文

永承六年五月五日、内裏に菖蒲の根合(ねあはせ)ありけり。

このこと去三月晦日、堪能(かんのう)の上達部一両・殿上人等を召して、弓の勝負ありけり。また鶏合(とりあはせ)もありけり。弓の勝負なきによりて、菖蒲の根を合はせて勝負を決せられけるなり。

御装束、永承四年十月日歌合の儀のごとし。中宮・皇后宮、みなさぶらさせ給ふ。内大臣頼宗1)・民部卿長家2)・按察大納言信家3)・小野宮中納言兼頼4)・左衛門督隆国5)・侍従中納言信長6)・二条中納言俊家7)・中宮大夫経輔8)・左宰相中将能長9)・三位中将俊房10)・三位少将忠家11)など参り給ひけり。左右の方人、夕べに及びて参りけり。

まづ御殿に油を供す。その後、左右の文台を立つ。高さ四尺なりけり。南庇の座の東の間に、東西の妻にかきたつ。洲浜(すはま)を作り銀の松を植ゑたり。また同じき鶴亀をすゑたり。沈香(じんかう)をもて巌石を作りて立てたり。その間に銀の遣水(やりみづ)を流して、その前に机を立てて、その上に書(ふみ)一巻を置く。象眼をもて紙として色紙形を模して、おのおの和歌五首を書く。銀を延べて表紙として、彩色青くみどりなり。琥珀を軸として銀を紐とす。洲浜にうち敷きあり。青き色の薄物(うすもの)をもて12)波の文になずらふ。長き根五筋をわがねて松の上に置き、洲の辺に置けり。数さしの洲の上にも置けり。また薬玉(くすだま)五流れ、わがねて洲の上に置く。方の人々、東の縁の上に候す。次に数さしの洲浜を立つ。蔵人、これをかきて文台の東に置く。石立てて小松を植ゑたり。菖蒲を作りて、数さしの物とす。次にまた蔵人、右方の文台をかき立つ。方二尺ばかりなるその上に太鼓台を立てて、その上に太鼓を立つ。その前に蝶舞の童人を作り立てて、その根の上に、おのおの和歌を書く。みな銀をもて作れり。また薬玉・長き根をわがねて、洲浜の辺に置く。薬玉みな金銀にて作れり。方の人、西の簀子(すのこ)に候す。次に籌判(かずさし)の洲浜を立つ。蔵人一人、これをかきて文台の西の方に置く。洲浜に竹台の体を作りて、竹を植ゑて、数さしの物とす。

その後、仰せによりて、公卿を分かちて左右とす。左方の公卿、あひ引きて、御前の簀子を経て東にわたりて座につく。内大臣・師方卿13)・兼頼卿・信長卿・経輔卿・俊房卿なり。左の頭、頭弁経家朝臣14)、右の頭、頭中将資綱朝臣15)、進みて文台の下に候す。この間、左右のかざしの童おのおの一人、その所に候す。件(くだん)の童二人、隆国卿の子息なり。みな殿上に候ひけり。

頭弁経家朝臣、良基朝臣16)を召す。頭中将資綱朝臣、基家朝臣17)を召す。左右あひ分かちて、御前に候す。経家朝臣、長き根を取りて、良基朝臣にさづけて、南の庇に延べ置かしむ。右、またかくのごとし。その長短を争ふ。左の根一丈一尺、右の根18)一丈二尺。よつて右勝ちにけり。

また二・三番、同じくこれを比ぶ。おのおの一丈なりけり。ただし右方少しまさりたりけるによりて、勝ちに定められけり。三番を限りとしてとどめられぬ。

次に和歌五首を詠む。左、講師(かうじ)長方朝臣・読師(とくじ)経家朝臣、右、講師隆俊朝臣19)・読師資綱朝臣なり。判者、内大臣、題、菖蒲・郭公・早苗・恋・祝なり。おのおの詠み終りて、退きて本座に帰着す。

次に管絃の御調度を召す。和琴、民部卿・箏、二位中納言・琵琶、経信朝臣20)・笙、定長朝臣21)・笛、□□22)・篳篥(ひちりき)、隆俊・唱歌(しやうが)、資仲朝臣。子調子の後、内大臣、御気色によりて笏をさして、御笛を取りて、御座の下に進みてこれを奉る。主上23)、御笛を取らせおはしまして後、拍子奉仕せらるべきよし、内大臣に仰せらる。大臣、仰を承りて、座に帰りつきて、安名尊(あなたふと)を唱ふ。

律曲の終りに、諸卿に御衣を賜はす。おのおの退出す。今度殿上人の禄はなかりけるとかや。

翻刻

永承六年五月五日内裏に菖蒲の根合ありけり
此事去三月晦日堪能の上達部一両殿上人等
をめして弓の勝負ありけり又雞合もありけ
り弓の勝負なきによりて菖蒲根を合て勝負
を決せられける也御装束永承四年十月日
哥合の儀のことし中宮皇后宮みなさふらさせ給
内大臣頼宗民部卿長家按察大納言信家小野
宮中納言兼頼左衛門督隆国侍従中納言信長
二条中納言俊家中宮大夫経輔左宰相中将能長
三位中将俊房三位少将忠家なとまいりたまひ
けり左右の方人ゆふへに及てまいりけりまつ御殿に/s516r
油を供すそののち左右の文臺をたつたかさ四尺
なりけり南庇の座の東間に東西の妻にかき
たつ洲浜をつくりて銀の松をうへたり又おなし
き鶴亀をすへたり沈香をもて巌石をつくり
てたてたりそのあひたに銀のやりみつをなかし
て其前に机をたててそのうへに書一巻ををく像
眼をもて紙として色紙形を模して各和哥五
首をかく銀をのへて表紙として彩色あをくみ
とり也虎魄を軸として銀をひもとす洲浜にうち
しきありあをき色のうすものをりて浪の文にな
すらふ長根五筋をわかねて松のうへにをき洲の辺/s516l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/516

にをけりかすさしの洲のうへにもをけり又薬玉五流
わかねて洲のうへにをく方の人々東の縁の上に
候次かすさしの洲浜をたつ蔵人これをかきて文
臺の東にをく石たてて小松をうへたり菖蒲をつ
くりてかすさしの物とす次に又蔵人右方の文臺
をかきたつ方二尺はかりなる其上に大鼓臺を
たててその上に大鼓をたつ其前に蝶舞の童
人をつくりたてて其根の上にをのをの和哥をか
く皆銀をもてつくれり又薬玉なかき根をわか
ねて洲浜の辺にをく薬玉みな金銀にてつく
れり方の人西の簀子に候次籌判の洲浜を/s517r
たつ蔵人一人これをかきて文臺の西のかたに
をく洲浜に竹臺の体をつくりて竹をうへ
てかすさしの物とすそののち仰によりて公卿を
分て左右とす左方の公卿相引て御前の簀
子をへて東にわたりて座につく内大臣師方卿兼
頼卿信長卿経輔卿俊房卿也左頭々弁経家朝臣
右頭頭中将資綱朝臣すすみて文臺の下に候
このあひた左右のかさしの童各一人その所に候
件童二人隆国卿の子息也みな殿上に候けり
頭弁経家朝臣良基朝臣をめす頭中将資綱朝
臣をめす左右相分て御前に候経家朝臣なかき/s517l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/517

根をとりて良基朝臣にさつけて南のひさしにの
へをかしむ右又かくのことし其長短をあらそふ左根
一丈一尺根一丈二尺仍右勝にけり又二三番おなし
くこれをくらふ各一丈なりけり但右方すこし
まさりたりけるによりて勝にさためられけり三
番をかきりとしてととめられぬ次和哥五首をよむ
左講師長方朝臣読師経家朝臣右講師隆朝
臣読師資綱朝臣なり判者内大臣題菖蒲郭
公早苗恋祝也をのをのよみをはりてしりそきて
本座に帰着次管絃の御調度をめす和琴民
部卿箏二位中納言琵琶経信朝臣笙定長朝臣/s518r
笛  篳篥隆俊唱哥資仲朝臣子調子
の後内大臣御気色によりて笏をさして
御笛をとりて御座の下にすすみてこれを奉る
主上御笛をとらせおはしまして後拍子奉仕せ
らるへきよし内大臣に仰らる大臣仰をうけ給て
座に帰つきて安名尊をとなふ律曲のをはりに
諸卿に御衣をたまはす各退出今度殿上人の禄は
なかりけるとかや/s518l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/518

1)
藤原頼宗
2)
藤原長家
3)
藤原信家
4)
藤原兼家
5)
源隆国
6)
藤原信長
7)
藤原俊家
8)
藤原経輔
9)
藤原能長
10)
源俊房
11)
藤原忠家
12)
「もて」は底本「りて」。諸本により訂正。
13)
師房(源師房)が正しい。
14)
藤原経家
15)
源資綱
16)
藤原良基
17)
藤原基家。底本「基家朝臣」なし。諸本により補う。
18)
「右の根」は底本「根」。諸本により補う。
19)
源隆俊。底本、「隆朝臣」。諸本により訂正。
20)
源経信
21)
源定長
22)
底本二字程度空白。諸本同じ。「主上」が入るか。
23)
後冷泉天皇


text/chomonju/s_chomonju655.txt · 最終更新: 2021/01/03 17:46 by Satoshi Nakagawa