ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju638

古今著聞集 飲食第二十八

638 九条前内大臣家に壬生二位参りて和歌の沙汰ありけるに・・・

校訂本文

九条前内大臣(基家)1)家に、壬生二位(家隆)2)参りて、和歌の沙汰ありけるに、二月のことなりけるに、雪に甘葛(あまづら)をかけて二品に勧められけり。食ひ果てて、「この雪、なほなほ候はば、給はりて、二条中納言(定高)3)のもとへつかはし候はむ。かの卿は雪食ひにて候ふなり」と申しければ、すなはち硯の蓋にもちて出だされたりけるを、つかはしたりければ、かの卿の返しに、

  心ざし髪の筋ともおぼしけり頭(かしら)の雪か今のこの雪

「詠まれにたり」とて、二品しきりに興に入りけり。

翻刻

九条前内大臣(基家)家に壬生二位(家隆)参て和哥のさたあり
けるに二月の事なりけるに雪にあまつらをかけて
二品にすすめられけり食はててこの雪猶猶候はは給て
二条中納言(定高)のもとへつかはし候はむ彼卿は雪くひに
て候なりと申けれはすなはち硯蓋にもちていたされ
たりけるをつかはしたりけれは彼卿の返しに
 心さしかみのすちともおほしけりかしらの雪かいまのこの雪
よまれにたりとて二品しきりに興に入けり/s499r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/499

1)
藤原基家
2)
藤原家隆
3)
藤原定高・二条定高


text/chomonju/s_chomonju638.txt · 最終更新: 2020/12/22 21:02 by Satoshi Nakagawa