ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju637

古今著聞集 飲食第二十八

637 季経卿泰覚法印がもとへ瓜をつかはして・・・

校訂本文

季経卿1)、泰覚法印がもとへ瓜をつかはして、「この瓜食ひて、これが代はりには、この大般若2)書きて」とて、料紙を一両巻送りたりける返事に、

  舐めみつる五つの色の味はひも黄蘗(きはだ)の紙に苦くなりぬる

同じ法印が家の例飯(れいはん)を米の飯にしたりければ、

  人はみな米をぞ飯(いひ)にかしくめるこのみかしきは飯を米にす

亥(ゐ)の子餅を詠めりける、

  何よりも心にぞつく亥の子餅3)貧苦(ひんく)うすなるものと思へば

木練(こね)りの柿を詠み侍りける、

  霜置ける木練りの柿はおのづから含めは消ゆるものにぞありける

翻刻

季経卿泰覚法印かもとへ瓜をつかはしてこのうり
くひてこれかかはりにはこの大般若かきてとて料紙
を一両巻をくりたりける返事に
 なめみつる五の色のあちわひもきはたのかみににかく成ぬる
同法印か家の例飯を米の飯にしたりけれは
 人はみなこめをそいゐにかしくめるこのみかしきは飯をこめにす
ゐの子餅をよめりける
 なによりも心にそつくゐの餅ひんくうすなる物とおもへは
木ねりの柿をよみ侍ける/s498l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/498

 霜をけるこねりの柿はおのつからふくめはきゆる物にそ有ける/s499r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/499

1)
藤原季経
2)
大般若経
3)
底本「子」なし。諸本により補う。


text/chomonju/s_chomonju637.txt · 最終更新: 2020/12/21 23:17 by Satoshi Nakagawa