ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju618

古今著聞集 飲食第二十八

618 長谷の前々大僧正五月五日人々に粽を配りけるに・・・

校訂本文

長谷の前々大僧正1)、五月五日人々に粽(ちまき)を配りけるに、俊恵法師聞きて、そのうちに入るべきよし、申しつかはすとて詠みける、

  菖蒲(あやめ)をば2)ほかに借りても葺きつべし粽引くなるうちに入らばや

返し、僧正、

  恥かしや院の菖蒲をおきながら粽引く名の空に立ちぬる

翻刻

長谷前々大僧正五月五日人々にちまきをくはりけるに/s489r
俊恵法師ききてそのうちにいるへきよし申つかはすとて
よみける
 あやめをほかにかりても葺つへしちまきひくなるうちにいらはや
返し 僧正
 はつかしや院のあやめををきなからちまき引名の空にたちぬる/s489l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/489

1)
覚忠
2)
底本「ば」なし。諸本により補う。


text/chomonju/s_chomonju618.txt · 最終更新: 2020/11/27 23:21 by Satoshi Nakagawa