ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju611

古今著聞集 変化第二十七

611 これも仁治のころ伊勢国書生荘より百姓なりける法師上りて・・・

校訂本文

これも仁治のころ伊勢国書生荘より、百姓なりける法師上りて、五条坊門富小路に宿りてゐたりけり。役果てて下りけるに、同じ荘にあひ知りたる山寺法師に行き会ひぬ。「いづくへ行くぞ」と問ひければ、荘へ下るよしを語れば、「われも下るなり。さらば同道せん」と言ひければ、具して下ると思ふほどに、その道にもあらで、思ひがけぬ法勝寺・法成寺などに来にけり。心も心ならず、鬼に神(かみ)取られたるさまなり。

さるほどに、また七条高倉に来ぬ。この山寺法師言ふやう、「あちこちと歩(あり)きて、喉のかわきたるに、そのさし給へる刀にて、酒買へかし。われも飲み、そこにも喉うるへ給へ」と言へば、またわれにもあらず買ひつ。

さて、二人飲みて具して行くほどに、今比叡(いまひえ)1)の辺に来ぬ。さるほどに、見も知らぬ山伏三人会ひたり。この山伏を見て、この法師、恐れをののきたる気色にて、しじかまりて進まず。三人の山伏の中に主領とおぼしきが言ふやう、「わ法師ぞ、せんなきことするな」と言ひて、にらみて立てり。この法師、いよいよ恐れ入りたり。「いかなるやうにか」と見るほどに、かく言ひたるばかりにて、三人ながら過ぎぬ。その時、「この人々は誰(た)そ。また、かくもの言ひつる人の名をは何と言ふぞ」と問へば、「あれをば、たてる房と申すなり」と答へてまた具して清水2)に至りぬ。

鐘楼の上に率て行きて、いかにかしたりけむ、檜皮(ひはだ)と裏板とのあはひに、葛(かづら)をもちて、ならならと縛りからめて吊り付けて、天狗は失せにけり。

刀をさしたりつるほどは、かく思ふさまにはえせざりつるに、刀を売らせて後、かくしたるなめり。鐘突きに人の上りたりけるに、もののうめきければ、寺僧どもに告げて、裏板をこぢはなちて、とかく命生けて問ひければ、かく語りけるとなん。

翻刻

これも仁治の比伊勢国書生庄より百姓なりける
法師のほりて五条坊門冨小路にやとりて居たり
けり役はててくたりけるに同庄にあひしりたる
山寺法しに行あひぬいつくへゆくそと問けれは
庄へくたるよしをかたれは我もくたるなりさらは同道
せんといひけれはくしてくたるとおもふ程にその道
にもあらて思かけぬ法勝寺法成寺なとにきにけり
心も心ならす鬼にかみとられたるさまなりさる程に
又七条高倉にきぬこの山寺法しいふやうあち
こちとありきて喉のかわきたるにそのさした/s486r
まへる刀にて酒買かしわれものみそこにも唯(喉)うる
へ給へといへは又われにもあらすかひつさて二人の
みてくして行程に今比叡の辺にきぬさるほとに
みもしらぬ山臥三人あひたり此山ふしをみてこの
法師恐をののきたるけしきにてししかまりてすす
ます三人の山伏の中に主領とおほしきかいふやうわ
法しそせんなき事するなといひてにらみてたてり
此ほうし弥おそれ入たりいかなるやうにかと見る程にかく
いひたるはかりにて三人なからすきぬ其時この
人々はたそ又かく物いひつる人の名をはなにといふ
そととへはあれをはたてる房と申也とこたへて/s486l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/486

又くして清水にいたりぬ鐘楼のうへにいて行ていかに
かしたりけむ檜皮と裏板とのあはひにかつらを
もちてならならとしはりからめてつりつけて天狗
はうせにけり刀をさしたりつる程はかく思ふさまに
はえせさりつるに刀をうらせて後かくしたるなめり
鐘突に人ののほりたりけるにもののうめきけれは
寺僧ともにつけてうらいたをこちはなちてとかく命
いけて問けれはかくかたりけるとなん/s487r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/487

1)
新日吉神社
2)
清水寺


text/chomonju/s_chomonju611.txt · 最終更新: 2020/11/22 23:09 by Satoshi Nakagawa