ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju609

古今著聞集 変化第二十七

609 観教法印が嵯峨の山荘に美しき唐猫の・・・

校訂本文

観教法印が嵯峨の山荘に、美しき唐猫の、いづくよりともなく出で来たりけるを、捕らへて飼ひけるほどに、件(くだん)の猫、玉をおもしろく取りければ、法印愛して取らせけるに、秘蔵(ひさう)の守り刀を取り出でて玉に取らせけるに、件の刀をくはへて、猫、やがて逃げ走り1)けるを、人々、追ひて捕らへんとしけれどもかなはず、行く方を知らず失せにけり。

この猫、もし魔の変化して守りを取りて後、はばかる所なく犯して侍るにや。恐しきことなり。

翻刻

観教法印か嵯峨の山庄にうつくしき唐猫のいつ
くよりともなくいてきたりけるをとらへて飼ける
程に件のねこ玉をおもしろくとりけれは法印愛/s485r
してとらせけるに秘蔵のまもり刀をとりいてて玉
にとらせけるに件の刀をくはへて猫やかて逃はし
けるを人々追てとらへんとしけれともかなはす
行かたをしらすうせにけりこの猫もし魔の変化
してまもりをとりて後ははかる所なくをかして侍
にやおそろしき事也/s485l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/485

1)
「走り」は底本「はし」。諸本により補う。


text/chomonju/s_chomonju609.txt · 最終更新: 2020/11/22 16:30 by Satoshi Nakagawa