ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju586

古今著聞集 怪異第二十六

586 同じき四年四月二十九日未時ばかりに辻風吹きたりけり・・・

校訂本文

同じき四年1)四月二十九日未時ばかりに、辻風(つじかぜ)吹きたりけり。九条の方よりおこりけるが、京中の家、あるいはまろび、あるいは柱ばかり残れる。死ぬる者も数を知らず。蔀(しとみ)・遣戸(やりど)・さらぬ雑物、雲の中に入りて、風にしたがひて飛びけり。ある所には雨降り、ある所には雷鳴り、九条坊門東洞院辺には雪も降りたりけり。

そのころ、かかる風たびたび吹きけれども、このたびは第一におびたたしかりけり。たびごとに乾の方より巽へぞ吹きける。恐しきこと、いふばかりなかりけり。

翻刻

同四年四月廿九日未時はかりに辻風ふきたりけり九条
のかたよりおこりけるか京中の家或はまろひ或は柱は
かり残れる死ぬるものも数をしらす蔀遣戸さらぬ雑物
雲の中に入て風に随て飛けり或所には雨ふり或所
には雷なり九条坊門東洞院辺には雪も降たりけり/s466r
其比かかる風たひたひふきけれともこのたひは第一に
をひたたしかりけりたひことに乾の方より巽へそ
吹けるおそろしき事いふはかりなかりけり/s466l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/466

1)
治承四年。585参照


text/chomonju/s_chomonju586.txt · 最終更新: 2020/11/08 11:10 by Satoshi Nakagawa