ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju582

古今著聞集 怪異第二十六

582 同じき四年正月下旬に同じ国の海辺戞を打つ声聞こえけり・・・

校訂本文

同じき四年1)正月下旬に、同じ国2)の海辺、戞(ほこ)を打つ声聞こえけり。

夜明けて見れば、島根郡の境(さかひ)より、楯縫郡の境まで、一町あまりがほど、氷を重ねて塔を造りて、並べ立てたりけり。おのおの高さ三丈余り、めぐり七・八尺ぞありける。後には消えや失せけむ。

何のしわざといふことを知らず。恐ろしかりけることなり。

翻刻

そはたちてありける同四年正月下旬に同国海辺戞
をうつこゑきこえけり夜あけてみれは嶋根郡のさかひよ
り楯縫郡のさかひまて一町あまりかほと氷をかさねて
塔をつくりてならへたてたりけり各たかさ三丈あまり
めくり七八尺そありける後にはきえやうせけむなに
のしわさといふことをしらすおそろしかりける事なり/s465r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/465

1)
天慶四年。581参照。
2)
出雲国。581参照。


text/chomonju/s_chomonju582.txt · 最終更新: 2020/11/08 00:42 by Satoshi Nakagawa