ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju577

古今著聞集 興言利口第二十五

577 権漏刻博士季親といふ者ありけり・・・

校訂本文

権漏刻博士季親1)といふ者ありけり。周易の博士にて、その道におぼえありけれど、風月の方ことなる聞こえなかりけり。

ある文亭の連句の座にのぞみたりけるに、上句の番に当たりて遅く出でければ、その中にむねとの儒者のありけるが、これをあなづりたりけるやらん、

 閉口後来客(口を閉づ後来の客)

かく上句をそばにて言ひたりければ、季親、

 含陰先達儒(陰を含む先達の儒)

とぞ付けたりける。かの儒者、もの言ふことなかりける。これも利口の過ぎたりけるゆゑなり。

翻刻

権漏剋博士季親といふ物ありけり周易の博士にて
其道におほえありけれと風月のかたことなる聞えなかり
けり或文亭の連句の座に望たりけるに上句の
番にあたりてをそく出けれは其中にむねとの儒者
のありけるか是をあなつりたりけるやらん
 閉口後来客
かく上句をそはにていひたりけれは季親
 含陰先達儒
とそ付たりける彼儒者物云事なかりける是も利口/s457r
の過たりける故也/s457l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/457

1)
菅野季親


text/chomonju/s_chomonju577.txt · 最終更新: 2020/11/04 22:26 by Satoshi Nakagawa