ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju564

古今著聞集 興言利口第二十五

564 堀河内府入道納言の時功徳遊ありけり・・・

校訂本文

堀河内府入道1)、納言の時、功徳遊ありけり。念仏・礼讃など果てて朗詠ありけるに、少納言阿闍梨なにがしとかやいひける僧、「東方五百之塵」といふ句を詠ずとて、五百の字を誤りて、「八十の塵」と詠じたりけるを、尾張の内侍2)、簾中にて聞きて、「八十」と言ひだに果てぬに、「いま四百二十落ち候ひぬ」と言ひ出だしたりける、心はやさのほどありがたきなり。

翻刻

堀川内府入道納言の時功徳遊ありけり念仏礼
讃なとはてて朗詠ありけるに少納言阿闍梨/s446r
なにかしとかやいひける僧東方五百之塵といふ
句を詠すとて五百の字をあやまりて八十の
塵と詠したりけるを尾張の内侍簾中に
て聞て八十といひたにはてぬにいま四百廿
おち候ぬとひ出したりける心はやさの程あり
かたき也/s446l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/446

1)
源具実
2)
藤原孝道女


text/chomonju/s_chomonju564.txt · 最終更新: 2020/10/24 16:22 by Satoshi Nakagawa