ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju562

古今著聞集 興言利口第二十五

562 壬生二品家隆の家にてある人の子を男になすこと侍りけり・・・

校訂本文

壬生二品(家隆)1)の家にて、ある人の子を男になすこと侍りけり。隆祐朝臣2)の子になして、やがてかの朝臣、加冠はしけり。

「名をば何とか付くべき」など沙汰しけるを、あつみ三郎為俊といふ田舎侍聞きて、進み出でて言ひけるは、「この殿に御一家は、みな『隆』の字を名乗らせ給ひ候へば、『家隆(いへたか)とや付け参らせらるべく候ふらん」と、ゆゆしくはからひ申したりげにて言ふを、人々、笑ひののしることかぎりなし。

為俊が父、図書允為弘聞きて、「いかになんぢはかかる不思議をば申すぞ。殿の御名乗りをば知り参らせぬか」と言へば、「いかでか知り参らせぬことあるべき」と言ふ。「さるには、かかることをば申すか」と言はれて、「さも候はず。殿の御名乗りをば『家隆(かりう)3)』と申すと4)こそ知り参らせて候へ。世にもまた、さこそ申し候ふなれ」と陳じたりける。比興のことなり。

かの卿聞かれて入興(じゆきよう)せられけるとなむ。

翻刻

壬生二品(家隆)の家にて或人の子を男になすこと
侍けり隆祐朝臣の子になしてやかて彼朝臣加
冠はしけり名をはなにとかつくへきなと沙汰し/s445r
けるをあつみ三郎為俊といふゐ中侍ききて
すすみ出ていひけるは此殿に御一家は皆隆
の字をなのらせ給候へはいゑたかとやつけ
まいらせらるへく候らんとゆゆしくはからひ申たり
けにていふを人々わらひののしる事かきり
なし為俊か父図書允為弘聞ていかに汝はかか
るふしきをは申そ殿の御なのりをはしりま
いらせぬかといへはいかてかしりまいらせぬことある
へきといふさるにはかかる事をは申かといはれて
さも候はす殿の御なのりをは家隆(カリウ)と申こそしり
まいらせて候へ世にも又さこそ申候なれと陳したり/s445l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/445

ける比興の事也彼卿きかれて入興せられ
けるとなむ/s446r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/446

1)
藤原家隆
2)
藤原隆祐。家隆の長男。
3)
「かりう」は底本片仮名で傍書。
4)
「申すと」は底本「と」なし。諸本により補う。


text/chomonju/s_chomonju562.txt · 最終更新: 2020/10/24 15:38 by Satoshi Nakagawa