ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju557

古今著聞集 興言利口第二十五

557 かの三位入道失せられたりける時大夫阿闍梨順聖といふ僧・・・

校訂本文

かの三位入道1)失せられたりける時、大夫阿闍梨順聖といふ僧、年ごろその辺の者なりければ、籠僧(こもりそう)に入れてけり。

五七日の導師にて、仏供養しける説法に、「今日は聖霊此界を去りましまして五七日の忌辰にあひ当たりたり。定て聖霊、炎魔法皇の庁庭に牛頭・馬頭等にひはられてこそおはしまし候ふらめ」とうちあげたりける、哀れなる中に興さめてぞ侍りける。

まことに比興の言ひやうなり。

翻刻

くたのしさいふはかりなし彼三位入道うせられ
たりける時大夫阿闍梨順聖といふ僧年比其
辺のものなりけれは籠僧にいれてけり五七
日の導師にて仏供養しける説法に今日は/s442l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/442

聖霊此界をさりましまして五七日之忌辰にあひ
あたりたり定て聖霊炎魔法皇の庁庭
に牛頭馬頭等にひはられてこそおはしまし候らめ
とうちあけたりける哀なる中にけふさめてそ侍
ける誠比興のいひやうなり/s443r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/443

1)
坊城三位入道・藤原雅隆。556参照。


text/chomonju/s_chomonju557.txt · 最終更新: 2020/10/22 22:15 by Satoshi Nakagawa