ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju547

古今著聞集 興言利口第二十五

547 あるなま蔵人の妻のいともの妬みするありけり・・・

校訂本文

あるなま蔵人の妻の、いともの妬みするありけり。男、あぢきなきことに思ひて、「いかがして、この女に離れなん」と思ひけれども、さすがまた宿世(すくせ)尽きねば、ながらへて過ぐしければ、あることなきことにつけて、さいなまれてのみ年を送りけり。

男、案じめぐらして、亀を一つ求めて、首を引き出だして、三・四寸がほどを切りてけり。紙に包みて、懐(ふところ)に引き隠して持ちつ。妻とまたことをあやまちて、いさかひて、互ひにさまざまに言ひて、男、言ふやう、「せむずる所、かやうの口舌(くぜつ)の絶えぬは、これが1)ゆゑにこそ」とて、刀を抜きて、おのれがまらを切るよしをして、懐に持ちたる亀の首を投げ出だしたりけり。血みどろなる物の三・四寸ばかりなれば、その物にたがはざりけり。

妻、あさましげになりて、「おほかたの道理をこそ申しつれ、これほどに苦々しく思ひとり給ふべきことかは」とて、くひ苦みてゐたり。さて、「今に心やすく思せ。かくふすべられてのみ過ぐせば、人聞きも見苦しう、あぢきなきことなれば」と言ひければ、「かたきは討ちつ」とて、その切れ引きそばめて、立ち退きにけり。その後、しばしはこの疵のあとやむよしして、うち臥してのみ過ぐしけり。

さて、月ごろ経て、女ひるつれづれなりけるに、端縫(はぬ)ひといふものして、うずくまりてゐたりけるを見れば、股のほどに黒き布を引きまとひたりけり。男、「あやし」と思ひて、「それなる黒き物は何ぞ」と問へば、女は、「ただ」と言ひて、とかく答ふることなし。あながちに問ひければ、隠し果つべきことならねば、「これは故人(こひと)のためよ」と答へけり。その心を得ずして、「故人とは何ぞ」と問へば、「さは、切りて捨て給ひし故人がために、いかでかは素服着せざらんとて、服着せたるぞかし」と言ひけり。

めづらしかりける素服なり。面影推し量られて、をかしくこそ侍れ。

翻刻

或なま蔵人の妻のいと物ねたみするありけり
男あちきなき事に思ていかかして此女にはな
れなんとおもひけれともさすか又すくせつきね
はなからへてすくしけれはある事なきことにつけ
てさいなまれてのみ年ををくりけり男あむ
しめくらして亀を一もとめてくひを引出て三四
寸かほとを切てけり紙につつみてふところに
引かくしてもちつ妻と又ことをあやまちていさ
かひてたかひにさまさまにいひて男いふやうせ
むする所かやうの口舌のたえぬはこれにゆへにこそ
とて刀をぬきてをのれかまらをきるよしを/s433r
してふところにもちたる亀のくひをなけいたし
たりけりちみとろなる物の三四寸はかりなれは
其物にたかはさりけり妻あさましけになりて
おほかたの道理をこそ申つれこれ程ににかにか敷
おもひとり給へき事かはとてくひにかみてゐ
たりさていまに心やすくおほせかくふすへられて
のみすくせは人ききも見くるしうあちきなき事
なれはといひけれはかたきはうちつとてそのきれ
ひきそはめてたちのきにけり其後しはしは
此疵のあとやむ由してうちふしてのみすくしけり
さて月比経て女ひるつれつれなりけるにはぬいと/s433l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/433

いふ物してうすくまりてゐたりけるを見れは
またの程にくろき布を引まとひたりけり男
あやしとおもひてそれなるくろき物はなにそ
ととへは女はたたといひてとかくこたふる事なし
あなかちにとひけれはかくしはつへきことならねは
これは故ひとのためよとこたへけり其心をえす
して故ひととは何そととへはさはきりて捨給し
こ人かためにいかてかは素服きせさらんとて服
きせたるそかしといひけりめつらしかりける素服
也おもかけをしはかられてをかしくこそ侍れ/s434r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/434

1)
「これが」は底本「これに」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju547.txt · 最終更新: 2020/10/17 18:05 by Satoshi Nakagawa