ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju545

古今著聞集 興言利口第二十五

545 いづれのころのことにか山僧あまたともなひて児など具して竹生島へ参りたりけり・・・

校訂本文

いづれのころのことにか、山僧あまたともなひて、児(ちご)など具して、竹生島へ参りたりけり。巡礼果てて、今は帰りなんとしける時、児ども言ふやう、「この島の僧たちは、水練を業(わざ)として、おもしろきことにて侍るなる。いかがして見るべき」と言ひければ、住僧の中へ使をやりて、「小人達の所望かく候ふ。いかが候ふべき」と言ひやりたりければ、住僧の返事に、「いとやすきことにて候ふを、さやうのことつかうまつる若者、ただ今たがひ候ひて一人も候はず。かへすがへす1)口惜しきことなり」と言ひたりければ、力及ばで、おのおの帰りけり。

舟に乗りて、二・三町ばかり漕ぎ出でたりけるほどに、張り衣のあざやかなるに、長絹の五帖の袈裟のひた新しきかけたる老僧、七十あまりもやあるらんと見ゆる、一人脛(はぎ)をかき上げて、海の面をさし歩みて来たるあり。舟をとどめて、「不思議のことかな」と、目をすまして見ゐたる所に、近く歩み寄りて言ふやう、「かたじけなく小人達の御使を給ひて候ふ。折節若者ども皆たがひ候ひて、御所望むなしくて御帰りぬる、生涯の遺恨候ふよし、老僧の中より申せと候ふなり」と言ひて帰りにけり。

これに過ぎたる水練の見物やあるべき。目を驚かしたりけり。

翻刻

いづれの比の事にか山僧あまたともなひて児なとくし
て竹生島へまいりたりけり巡礼はてて今はかへりなん
としける時児ともいふやう此島の僧たちは水練
を業として面白事にて侍なるいかかして見るへき
といひけれは住僧の中へ使をやりて小人達の所望
かく候いかか候へきといひやりたりけれは住僧の返事に/s431r
いとやすき事にて候をさやうの事つかうまつる若
物只今たかひ候て一人も候はす返に口惜事也といひ
たりけれは力をよはて各かへりけり舟にのりて二三
町はかり漕出たりける程にはり衣のあさやか
なるに長絹の五帖の袈裟のひたあたらしきかけ
たる老僧七十あまりもやあるらんと見ゆる一人
はきをかきあけて海の面をさしあゆみてきたる
あり舟をととめてふしきの事かなと目をすまし
て見ゐたる所にちかくあゆみよりていふやうかた
しけなく小人達の御使を給て候をりふし若物
とも皆たかひ候て御所望むなしくて御帰ぬる/s431l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/431

生涯の遺恨候由老僧の中より申せと候也といひて
かへりにけり是に過たる水練の見物やあるへきめ
を驚したりけり/s432r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/432

1)
「かへすがへす」は底本「返に」。諸本により訂正


text/chomonju/s_chomonju545.txt · 最終更新: 2020/10/17 15:41 by Satoshi Nakagawa