ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju541

古今著聞集 興言利口第二十五

541 この女院の女房どもの中にいとをかしきこと多く侍りけり・・・

校訂本文

この女院1)の女房どもの中に、いとをかしきこと多く侍りけり。

医師時成2)が女(むすめ)、備後とて候ひけり。仏師雲慶3)が女、越前とて候ひけるが、ある日、越前、額に瘡(かさ)の出でたりけるを、備後に向ひて、「や、おつぼね。この瘡見てたび候へ。さすが御身ぞ、見知らせ給はん」と言ひたりけるを、備後とりもあへず見るままに、「眉間4)を入れ給へるをば、何とかはし侍るべき」と答へたりける、心の早さをかしかりけり。互ひにかくざれあふことをのみしける。

蓮尊房は尾張とて候ひけり。正月の朔日(ついたち)に、時成が女に向ひて、「『会ひがたきは友なり。失ひやすきは時なり』と申ことの候ふな」と問ひたりければ、備後、「孟春早く来て、楽しむべきは時成とぞ知りて候ふ」と答へけり。これもいみじく言ひて侍るにこそ。

尾張が咳病(がいびやう)をしてわづらひけるを、備後とぶらひとて、「何を病み給ふぞ」と言ひたりける返事に、「餓鬼病を病み候ふぞ」と答へたりければ、備後、「さらば、貧相子(ひんさうじ)5)を煎じて召せ」と言ひたりけり。

すべてかやうの言葉たたかひ、常のことなり。

翻刻

此女院の女房ともの中にいとをかしき事おほく侍けり
医師時成か女備後とて候けり仏師雲慶か女越前
とて候けるか或日越前ひたひにかさの出たりけるを備
後に向てやおつほね此かさ見てたひ候へさすか御身
そ見しらせ給はんといひたりけるを備後とりもあへ
す見るままにみけむをいれたまへるをはなにとかは
し侍へきとこたへたりける心のはやさをかしかりけり
たかひにかくされあふ事をのみしける蓮尊房は
尾張とて候けり正月の朔日に時成かむすめに向て
あひかたきは友なりうしなひやすきは時なりと申/s427l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/427

ことの候なととひたりけれは備後孟春早来てた
のしむへきは時成とそしりて候とこたへけりこれも
いみしくいひて侍にこそ尾張か咳病をしてわつらひ
けるを備後とふらひとてなにをやみ給そといひ
たりける返事に餓鬼病をやみ候そとこたへ
たりけれは備後さらはひんさうしを煎してめせと
いひたりけりすへてかやうのこと葉たたかひつね
の事也/s428r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/428

1)
七条院。高倉天皇皇妃藤原殖子。540参照。
2)
和気時成
3)
運慶
4)
白毫を指す。
5)
「檳榔子」をもじった。


text/chomonju/s_chomonju541.txt · 最終更新: 2020/10/11 21:10 by Satoshi Nakagawa