ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju540

古今著聞集 興言利口第二十五

540 七条院の権大夫は歌人なり・・・

校訂本文

七条院1)の権大夫2)は歌人なり。

  秋来ぬと松吹く風も知らせけりかならず萩のうは葉ならねど

と詠めるは、この大夫か秀歌なり。『新古今3)』の清撰に入りたり。

孝道朝臣4)はかの院の北面にて、御格子に参りたりけるを、権大夫、詠みかけける5)

 

孝道は鼻の大きなれば、かく詠みたりけるなり。この権大夫は、また頭(かしら)の大きなりければ、返事にとりあへず6)

翻刻

七条院の権大夫は哥人なり秋きぬと松吹風も
しらせけりかならす萩のうは葉ならねととよめるは
此大夫か秀哥也新今の清撰に入たり孝道朝臣
はかの院の北面にて御格子にまいりたりけるを権
大夫よみかけける

孝道は鼻のおほきなれはかくよみたりける也この権大夫
は又かしらのおほきなりけれは返事にとりあへす/s427r
/s427l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/427

1)
高倉天皇皇妃藤原殖子
2)
女房名
3)
新古今和歌集。底本「新今」。諸本により訂正。
4)
藤原孝道
5) , 6)
以下、底本一行空白で和歌はない。諸本同じ。


text/chomonju/s_chomonju540.txt · 最終更新: 2020/10/11 17:09 by Satoshi Nakagawa