ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju532

古今著聞集 興言利口第二十五

532 治部卿兼定滋野井の泉にて納涼せられけるに・・・

校訂本文

治部卿兼定1)、滋野井(しげのゐ)の泉にて納涼せられけるに、増円法眼、その座につらなりけり。盃酌の間、治部卿の侍馬允なにがしとかやといひける老者、香の直垂2)のしほれたる着て、尩弱(わうじやく)の体にて、物食ひてゐたりけるが、衰老のものにて、歯3)もなくて食ひ4)わづらひたるを見て、増円、連歌をしける、

  老い馬は草食ふべくもなかりけり

治部卿以下、「興ある句なり」とて、とよみののしる。

馬允聞きて、

  おもづらはげて野放ちにせむ

と付けたりけるに、満座苦りにけり。

かやうの荒言(くわうげん)は、よくよくひかふべきことなり。

翻刻

治部卿兼定滋野井の泉にて納涼せられけるに増円
法眼其座につらなりけり盃酌のあひた治部卿侍
馬允なにかしとかやといひける老者香のひかられのし
ほれたるきて尩弱の体にて物くひてゐたりけるか/s422r
衰老のものにて幽もなくてかひわつらひたるを見
て増円連歌をしける
 老むまは草くふべくもなかりけり
治部卿以下興ある句なりとてとよみののしる馬允
ききて
 おもつらはけて野はなちにせむと付たりけるに満
座にかりにけりかやうの荒言はよくよくひかうへきこと
なり増円醍醐寺桜会見物の時舞の最中に見物を/s422l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/422

1)
源兼定
2)
「直垂」は底本「ひかられ」。諸本により訂正。
3)
「歯」は底本「幽」。諸本により訂正。
4)
「食ひ」は底本「かひ」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju532.txt · 最終更新: 2020/10/04 15:23 by Satoshi Nakagawa