ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju523

古今著聞集 興言利口第二十五

523 北院の御室あるかた夕暮に御所に人も候はでただ一所御念誦して・・・

校訂本文

北院の御室1)、あるかた夕暮に、御所に人も候はで、ただ一所御念誦しておましありけるに、いづこよりか来たりつらむ、大床の辺より、世に恐しげなる白髪の姥(うば)参りたりけり。

御簾をやをら引きあげて、笑み笑みとして、「いかに恐しく思し召し候ふらん」など申して、「きうきう」と笑ひて候ひけり。御室の御心の内、推し量るべし。されども少しも騒がせ給はで、「何者ぞ」と問はせ給ひければ、御返事をば申さで、ただ、「きうきう」とのみ笑ひけり。しばしありて、松井法橋といふ人参りて、おびえまどひけり。

さるほどに、人々参りて見て、「これは法金剛院の宗門に侍る物狂ひなり」と申して、すなはち素首(そくび)突きてけり。2)

翻刻

北院御室あるかた夕暮に御所に人も候はてたた一所
御念誦して御座ありけるにいつこよりかきたりつら/s416l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/416

む太床の辺より世におそろしけなる白髪のうは
まいりたりけりみすをやをら引あけてゑみゑみとし
ていかにおそろしくおほしめし候覧なと申てきうきうと
わらひて候けり御室の御心のうちおしはかるへしされと
もすこしもさはかせ給はて何物そととはせ給けれは
御返事をは申さてたたきうきうとのみわらひけり暫
ありて松井法橋と云人まいりてをひえまとひけり
さる程に人々まいりて見て是は法金剛院の宗
門に侍る物くるひなりと申て則そくひつきてけり/s417r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/417

1)
守覚法親王
2)
諸本、「御室は『化物なめり』とぞ思し召しける。」と続く。


text/chomonju/s_chomonju523.txt · 最終更新: 2020/09/27 18:14 by Satoshi Nakagawa