ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju513

古今著聞集 興言利口第二十五

513 法性寺殿天王寺へ参らせ給ひけるに武正御供したりけるが・・・

校訂本文

法性寺殿1)、天王寺へ参らせ給ひけるに、武正2)御供したりけるが、山崎にて馬より落ちにけり。

その後、また山崎を過ぎさせ給ふとて、先日の落馬のことを思し出でて、「ここか、武正が所は」など仰せられければ、武正、「さん候ふ」と申して、それよりやがて領知してけり。「殿下(てんが)の『武正が所』など仰せられん上は、何の子細あるまじ」とぞ言ひける。もとの主、力及ばず。不祥きはまりなし。その所、今に武正が子孫相伝したりとぞ。

この武正は容儀なども良かりければ、ゆゆしき名誉の者にてぞ侍りける。競馬(くらべうま)をたびたびつかうまつりけれども、一度も勝たざりけり。負けながら方屋(かたや)へ帰り寄りて、酒肴など行ひければ、親しき友、「いかにかくはあるぞ」と言ひければ、「競馬に負け3)たる者は死に失するかれ」と言ひて、あへて用ゐざりけり。武正ならざらむ者、かやうのことしてんや。

翻刻

法性寺殿天王寺へまいらせ給けるに武正御共し
たりけるかやまさきにて馬よりおちにけり其後又
山崎をすきさせ給とて先日の落馬のことをおほし
いててここか武正か所はなと仰られけれは武正さん
候と申てそれよりやかて領知してけり殿下の武正
か所なと仰られんうへはなむの子細あるましとそ
いひける本主ちからをよはす不祥きはまりなし其
所今に武正か子孫相伝したりとそ此武正は容儀
なともよかりけれはゆゆしき名誉のものにてそ/s409l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/409

侍ける競馬をたひたひつかうまつりけれとも一度も
かたさりけり負なからかた屋へかへりよりて酒肴
なとおこなひけれはしたしきともいかにかくはある
そといひけれは競馬にまをたる物はしに
うするかれといひてあへてもちゐさりけり武正
ならさらむ物かやうの事してんや/s410r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/410

1)
藤原忠通
2)
下野武正
3)
「負け」は底本「まを」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju513.txt · 最終更新: 2020/09/22 11:55 by Satoshi Nakagawa