ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju511

古今著聞集 興言利口第二十五

511 仁平二年三月二十五日八幡の行幸ありけるに蔵人の判官藤原範貞・・・

校訂本文

仁平二年三月二十五日、八幡1)の行幸ありけるに、蔵人の判官藤原範貞、舞人を勤めたりけるに、宮寺にて、左大臣2)わたくしに奉幣せさせ給ひて、南階を下り給ひけるに、範貞立ち3)向かひて、敬ふ気色なかりけり。

大臣(おとど)、不思議と思して、ひそかに、「われをば知らぬか」と問ひ給ひたりければ、いまだ見知り奉らぬよしを答へ4)申しける。いふばかりなくて、大臣過ぎ給ひにけり。

内覧の大臣を見知り奉らぬ蔵人、不思議なりけることなり。かの範貞は、式部大輔永範5)が息なり。

翻刻

仁平二年三月廿五日八幡行幸ありけるに蔵人判官
藤原範貞舞人をつとめたりけるに宮寺にて
左大臣わたくしに奉幣せさせ給て南階をおり
給けるに範貞云むかひてうやまう気色なかり
けりおととふしきとおほしてひそかにわれをはし
らぬかととひ給たりけれはいまた見しりたてまつら
ぬよしをこまへ申けるいふはかりなくておととすき/s408r
給にけり内覧の大臣を見しりたてまつらぬ
蔵人不思議なりける事也彼範貞は式部大輔永
範か息なり/s408l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/408

1)
石清水八幡宮
2)
藤原頼長
3)
「立ち」は底本「云」。諸本により訂正。
4)
「答へ」は底本「こまへ」。諸本により訂正。
5)
藤原永範


text/chomonju/s_chomonju511.txt · 最終更新: 2020/09/17 18:36 by Satoshi Nakagawa