ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju501

古今著聞集 闘諍第二十四

501(序) 闘諍之起自少及大・・・

校訂本文

闘諍之起、自少及大。匪啻闘雄、多以決死。凡有血気、皆有争心。能忍小忿、勿致奮。未可慎々々。然而先賢間有之。後愚誡何。

書き下し文

闘諍の起るや、少より大に及ぶ。ただに雄を闘ふのみにあらずして、多くは以て死を決す。凡そ血気有り、皆争心有り。よく小忿を忍び、奮を致すことなかれ。いまだしきに慎しむべし慎しむべし。しかれども先賢ままこれ有り。後愚誡めをいかにせん。

翻刻

  闘諍第廿四
 闘諍之起自少及大匪啻闘雄多以決死凡有血気
 皆有争心能忍小忿勿致奮未可慎々々然而先賢
 間有之後愚 誡何/s402l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/402



text/chomonju/s_chomonju501.txt · 最終更新: 2020/09/11 22:49 by Satoshi Nakagawa