ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju498

古今著聞集 宿執第二十三

498 行願寺に全舜法橋といふ者ありけり・・・

校訂本文

行願寺に全舜法橋といふ者ありけり。鞠足・箏弾きなりけり。ゆゆしき数寄者(すきもの)にて侍りけるが、不食(ふじき)の所労重りて、すでに命終(みやうじゆ)の期になりて、木工権守孝道朝臣1)のもとへ使者2)をやりて言ひけるは、「所労大事にまかりなりて、命旦暮(たんぼ)にあり。今一度見参に入りて、黄泉路(よみぢ)やすくまからばや。御わたりありなんや」と言へりければ、孝道朝臣、すなはち馳せ来たられにけり。

対面して、「心にかかりけること候ひて申し侍りつるなり。万秋楽(まんじうらく)の序の聞きたく侍るなり。この辺にも管絃者は候へども、同じくは御琵琶にて聴聞つかうまつりたきなり3)と言ひければ、すなはち琵琶尋ね出だして弾ぜられけり。病者みづから善知識の前なる磬(けい)を取りて、太鼓のつぼに打ち当てて、涙を流しつつ聞きゐたりけり。

さて、すなはち終りける。あはれなりけることなり。

翻刻

行願寺に全舜法橋といふ物ありけり鞠足箏
ひきなりけりゆゆしきすきものにて侍けるか不食/s399r
の所労おもりて既に命終の期になりて木工権守
孝道朝臣のもとへ伝者をやりていひけるは所労大事
にまかりなりて命旦暮にありいま一度見参に
入てよみちやすくまからはや御渡ありなんやといへり
けれは孝道朝臣則はせきたられにけり対面し
て心にかかりける事候て申侍つる也万秋楽の
序のききたく侍なり此辺にも管絃者は候へとも
おなしくは御琵琶にて聴聞つかうまつりたる也といひ
けれは則琵琶尋いたして弾せられけり病者み
つから善知識の前なる磬をとりて大鼓のつ
ほに打あてて涙をなかしつつききゐたりけりさて/s399l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewear/399

すなはちをはりけるあはれなりける事也/s400r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/400

1)
藤原孝道
2)
「使者」は底本「伝者」。諸本により訂正。
3)
「たきなり」は底本「たる也」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju498.txt · 最終更新: 2020/09/08 16:01 by Satoshi Nakagawa