ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju490

古今著聞集 宿執第二十三

490 京極大相国常にのたまひけるは・・・

校訂本文

京極大相国(宗輔公)1)、常にのたまひけるは、「死去は人の終りなり。つひとして逃れざる理(ことわり)なり。死においては悔ゆべからず。ただし、一事忍びがたきことあり。一度死して後、長く笛をとるべからざることを」とぞ侍りける。応保二年正月に出家、同月三十日、年八十六にて失せ給ひにけり。

その後、二条院の御時2)、かの大臣(おとど)の作り給ひたる笛譜の説を、妙音院殿3)に勅問ありけるに、いかにぞやある所を少々奏せさせ給へりけるを、大臣の御夢にかの大相国の御消息あり。「宗輔」と書かれたりけり。「失せにし人はいかに」と怪しくて、開きて御覧ずれば、「そのかみ好み習ひし道を、かたぶけ奏し給ふことこそ口惜しう侍れ」と書かれたりけり。

驚き思して、御参内ありて、「かの譜に申し候ひしことは、みなもろもろひが覚えに候ひけり」と、奏し直させ給ひけり。

世を隔て生を変へて、なほさほどの執心深かりけむこそ、いと罪深う覚え侍れ。

翻刻

京極(宗輔公)大相国つねにのたまひけるは死去は人のをは
りなりつゐとしてのかれさる理也死においてはくゆ
へからす但一事しのひかたきことあり一度死し
て後なかく笛をとるへからさる事をとそ侍ける
応保二年正月に出家同月卅日とし八十六にて
うせ給にけり其後二条院御時かのおととのつく
り給たる笛譜の説を妙音院殿に勅問あり
けるにいかにそやある所を少々奏せさせ給へり/s391l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/391

けるをおととの御夢に彼大相国の御消息あり宗
輔とかかれたりけりうせにし人はいかにとあやしくて
ひらきて御らむすれはそのかみこのみならひし道を
かたふけ奏し給ことこそくちおしう侍れとかか
れたりけりおとろきおほして御参内ありて
彼譜に申候し事は皆もろもろひかおほえに候けりと
奏しなをさせ給けり世をへたて生をかへて猶さ程
の執心ふかかりけむこそいと罪ふかうおほえ侍れ/s392r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/392

1)
藤原宗輔
2)
二条天皇
3)
藤原師長


text/chomonju/s_chomonju490.txt · 最終更新: 2020/08/30 15:08 by Satoshi Nakagawa