ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju488

古今著聞集 宿執第二十三

488 保延年中より中院右大臣は左大将徳大寺左大臣は右大将にて・・・

校訂本文

保延年中(崇徳1))より、中院右大臣2)は左大将、徳大寺左大臣3)は右大将にて、あひ並び給ひけるほどに、仁平四年五月二十八日に、右大臣、出家し給ひぬ。

かくて年月を過ぐしけるに、保元の乱れ出で来て、ほどなくしづまりにければ、左大臣の世おぼえいとどめでたくおはしけるが、いくほども仕へ給はで、病づきてあやふくおはしければ、保元二年七月十五日、出家し給ひて、菩提院4)にわたり給ひけるに、墨染の衣袴をぞ着給ひたりける。蔵人五位一人・僧一人、御車の後にうちたりけり。

さて、右府入道5)のとぶらひにおはしたりけるに、御子の大炊御門6)、右府の大将にておはしましけるして、中院右府入道殿に申し給ひけるは、「見参し奉るべけれども、左右の大将にて等しくあひ並び奉りたりしに、わが身は病にしづみて後、出家しては侍れども、今日明日とも知らず侍り。それには思し召すさまに出家遂げ給ひて、かく強くおはしますに、狼藉(らうぜき)にて見え奉らむこと、なほ本意なかるべければ、万が一このたび命生きて侍らば、それへ参るべし」と申されければ、「なほ執おはしますものかな」と、右府入道思ひ給ひて帰り給ひければ、大将、砌(みぎり)におり立ちて、深く礼節ありて、公保大納言7)の中将にておはしましける、門のもとまで送り申されけり。

左府入道8)は、九月二日つひに失せ給ひにけり。六十二にぞなり給ひける。この左府入道は花園左大臣9)の御ゆづりにて右府入道をこえて大将になり給ひたりしに、その恨みをも忘れて、かやうにとぶらひ申されける、あはれにありがたきことなり。

翻刻

保(崇徳)延年中より中院右大臣は左大将徳大寺左大臣は
右大将にてあひならひ給けるほとに仁平四年五月廿八日/s389l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/389

に右大臣出家し給ぬかくてとし月をすくしけるに
保元のみたれいてきてほとなくしつまりにけれは左大
臣の世おほえいととめてたくおはしけるかいく程もつ
かへ給はて病つきてあやうくおはしけれは保元二年
七月十五日出家し給て菩提院にわたり給ひけるに
墨染の衣袴をそき給たりける蔵人五位一人
僧一人御車の後にうちたりけりさて右府入道の
とふらひにおはしたりけるに御子の大炊御門右府の大
将にておはしましけるして中院右府入道殿に
申給けるは見参したてまつるへけれとも左右の
大将にてひとしくあひならひたてまつりたりしに/s390r
我身は病にしつみて後出家しては侍れともけふ
あすともしらす侍りそれにはおほしめすさまに出家
とけ給てかくつよくおはしますに狼藉にて見え
たてまつらむ事猶本意なかるへけれは万か一此た
ひ命いきて侍らはそれへまいるへしと申されけれは
なを執おはします物かなと右府入道思給てかへり
給けれは大将砌におりたちてふかく礼節ありて
公保大納言中将にておはしましける門のもとまてをく
り申されけり左府入道は九月二日つゐにうせ給ひ
にけり六十二にそなり給ける此左府入道は花
園左大臣の御ゆつりにて右府入道をこえて大将に/s390l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/390

なり給たりしにその恨をもわすれてかやうに
とふらひ申されけるあはれにありかたき事也/s391r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/391

1)
崇徳天皇
2) , 5)
源雅定
3) , 8)
藤原実能
4)
仁和寺
6)
藤原公能
7)
藤原公保
9)
源有仁


text/chomonju/s_chomonju488.txt · 最終更新: 2020/08/29 12:46 by Satoshi Nakagawa