ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju481

古今著聞集 宿執第二十三

481 いづれの年のことにかありけむ高陽院にて競馬ありけるに・・・

校訂本文

いづれの年のことにかありけむ、高陽院(かやのいん)にて競馬(くらべうま)ありけるに、狛助信乗尻(のりじり)に入りにけり。ゆゆしき上手にて、たびたびつかうまつりけれども、いまだ負けぬ者なりけり。

鞭の加持をその時の御室に申したりければ1)、「このたびは負けよ」と思し召すよしを仰せられければ、助信そのゆゑを尋ね申せば、「このたび勝ちなば、命あるべからず」と仰せられけり。助信、ただ勝ちて死ぬべきよしを、しひて申し入れければ、加持して給はせてけり。

その日になりて、尾張の種武2)に合ひて勝ちにけるが、馬場末に門のありけるが開きたりけるに、関(くわん)の木のさし出でたりけるに、頸をかけて落ちて死にけり。禄をば移しにぞかけられける。

種武は脇白(わきしろ)といふ馬に乗りたりけり。究竟(くつきやう)の馬にてありければ、乗りける者いまだ負けざりけるに、このたび種武乗りて、初めて負けにけり。脇白、馬場の末にて、種武を跳ね落として食ひ殺してけり。かの番(つがひ)、二人ながら同時に死にけり。不思議のことなり。

このこと、いづれの日記に見えたりといふこと確かならねど、かく申し伝へたり。江帥3)の記されたるは、宇治殿の御記4)に、「昔有駿馬。負競馬、食殺其乗尻。到坂東成神云々。(昔駿馬有り。競馬に負け、その乗尻を食ひ殺せり。坂東に到りて神と成る云々)」。

かかるためしも侍りけるにこそ。

翻刻

いつれのとしの事にかありけむ高陽院に
て競馬ありけるに狛助信のりしりに入
にけりゆゆしき上手にてたひたひつかう
まつりけれともいまたまけぬものなりけり
鞭の加持を其時の御室に申けりけれは
このたひはまけよとおほしめすよしをおほせ/s384l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/384

られけれは助信そのゆへをたつね申せはこの
たひかちなは命あるへからすとおほせられけ
り助信たた勝てしぬへきよしをしゐて申
入けれは加持してたまはせてけりその日に
なりて尾張の種武にあひて勝にけるか馬
場すゑに門のありけるかあきたりけるに関
の木のさしいてたりけるに頸をかけて落て
死にけり禄をは移にそかけられける種武は
わきしろといふ馬にのりたりけり究竟の
馬にてありけれは乗ける物いまたまけさりける
にこのたひ種武のりてはしめてまけにけり/s385r
脇白馬場の末にて種武をはねおとしてくひ
ころしてけりかのつかひ二人なから同時に死
にけりふしきの事也此事いつれの日記に見え
たりといふことたしかならねとかく申つたへたり
江帥のしるされたるは宇治殿御記に昔有駿馬
負競馬食殺其乗尻到坂東成神云々かかるためし
も侍りけるにこそ/s385l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/385

1)
「たりければ」は底本「けりけれは」。諸本により訂正。
2)
秦種武か。
3)
大江匡房
4)
藤原頼長の『台記』を指す。以下「昔有駿馬・・・」は、『台記』に見られる匡房の著書からの引用。


text/chomonju/s_chomonju481.txt · 最終更新: 2020/08/22 16:10 by Satoshi Nakagawa