ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju478

古今著聞集 遊覧第二十二

478 承元五年閏正月二日の朝目も驚くばかり雪降り積りけるに・・・

校訂本文

承元五年閏正月二日の朝(あした)、目も驚くばかり雪降り積りけるに、九条大納言1)参内せられて、「この雪は御覧ずや」とて、人々いざなひて、車寄に車さし寄せて、別当の三位・かうのすけ以下、内侍たち引き具して、やり出だされけり。中宮2)は后町(きさいまち)よりいまだ入らせおはしまさねば、中御門殿へやりよせて、宮の女房一車やりつづけて、大内・右近の馬場・賀茂の方ざまへあくがれ行かれけり。

大納言、直衣にてあるいは騎馬せられたりけり。さらぬ人々も、あるいは直衣、あるいは束帯にて、六位までともなひたりけり。賀茂神主幸平3)、狩装束して車の供に参れり。「昔はかかる雪には馬に鞍置4)まうけてこそ侍りしに、今はかやうのこと絶えて侍りつるに、めづらしくやさしく候ふものかな」とて、若き氏人ども、同じく狩装束して、おのおの鷹手にすゑて、神館(かんだち)の方へ御供つかうまつりて、雪の中の鷹狩して、御覧ぜさす。

道すがら、いと興あることどもありけり。宮の女房、内の女房言ひかはしつつ、やさしきことども多く侍りけり。後朝(きぬぎぬ)に大納言、宮の御方の按察殿のもとへ、

  この春はげにふることぞ思ひ出づる変はらぬ宿の雪をながめて

  昔見し庭の雪とは思はねど誰(た)がためならぬ宿ぞ恋ひしき

  白雪の降ればかひある世なれども昔よいかに忘れわびぬる

堀川殿5)、石(いそ)の上ふりにしことを返事に、

  万代も雪積もるべき雲の上にただ思ひやれ秋の宮人

紅の薄様(うすやう)に書きて、同じき色の薄様にて立文(たてぶみ)て、所衆(ところのしゆう)を使にて、中宮の按察殿の局にさし置かせける。

この贈答のやうおぼつかなし6)。くはしう尋て直すべし。7)

翻刻

承元五年閏正月二日のあした目もおとろく斗雪ふ
りつもりけるに九条大納言参内せられて此雪は
御覧すやとて人々いさなひて車寄に車さしよせ
て別当の三位かうのすけ以下内侍たち引くして
やり出されけり中宮は后町よりいまたいらせおはし
まさねは中御門殿へやりよせて宮の女房一車やり/s375l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/375

つつけて大内右近馬場賀茂のかたさまへあくかれ
ゆかれけり大納言直衣にてあるひは騎馬せられ
たりけりさらぬ人々も或は直衣或は束帯にて
六位まてともなひたりけり賀茂神主幸平
狩装束して車のともにまいれりむかしはかかる
雪には馬に鞍(クラ)置(ヲキ)まうけてこそ侍しにいまはかやう
の事たえて侍つるにめつらしくやさしく候物かな
とてわかき氏人ともおなしく狩装束してをの
をの鷹手にすへてかんたちのかたへ御ともつ
かうまつりて雪の中の鷹狩して御覧せさす道
すからいと興ある事ともありけり宮の女房内/s376r
女房いひかはしつつやさしき事ともおほく侍けり
後朝に大納言宮の御方の按察とのの許へ
 此春はけにふることそ思いつるかはらぬ宿の雪を詠て
 むかしみし庭の雪とはおもはねとたかためならぬ宿そ恋しき
 しら雪のふれはかひある世なれともむかしよいかに忘れわひぬる
堀川殿いその上ふりにし事を返事に
 万代も雪つもるへき雲の上にたたおもひやれ秋の宮人
紅のうすやうにかきておなしき色の薄様にてたて
ふみて所衆をつかひにて中宮の按察殿の局にさし
をかせける
 この贈答のやうおほつなしくはしう尋てなを/s376l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/376

 すへし/s377r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/377

1)
藤原道家・九条道家
2)
順徳天皇中宮藤原立子
3)
賀茂幸平
4)
底本「鞍置」に「クラヲキ」と傍書。
5)
源通具
6)
「おぼつかなし」は底本「おほつなし」。諸本により訂正。
7)
底本、この行一字下げ。行人の注記が混入したものか。


text/chomonju/s_chomonju478.txt · 最終更新: 2020/08/16 22:36 by Satoshi Nakagawa