ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju476

古今著聞集 遊覧第二十二

476 同じ院鳥羽殿におはしましける時昨日より雪降りて・・・

校訂本文

同じ院1)、鳥羽殿におはしましける時、昨日より雪降りて、今日一日降り暮らしたりける。夜半ばかりまでなほ降りければ、院起きさせ給ひて、備後守季通2)が御前に臥したりけるに3)、「雪はいくらほどたまりたるぞ。なほ降るかと見て参れ」と仰せられければ、「吹きためたる所は一尺に余りて候ふ。庭は八・九寸ばかり候ふ4)」と申しければ、「ゆゆしき大雪にこそ。ただ今、尺に満ちなんず」と仰せられて、「近衛の舎人の近くゐたるやある。しかるべき近衛司の近きは誰かある」など、御気色つかせ給ひておはしましけるほどに、鐘の音しければ、「後夜(ごや)かな」と仰せられて、しばしありけるほどに、さうめきたる人の、はやばやとして参る音のしければ、「誰(た)そ、見て参れ」と仰せられければ、急ぎ出でて見れば、「淡路守盛長5)、殿下(てんが)6)の御使として参りて候ふ。もつてのほかの大雪にてこそ候ふめれ。さだめて御覧候はん。ただ今参り候ふなり」と申させ給ひたりければ、御手をはたと打たせ給ひて、「さ思ひつること」とて、「いかがせんずる」と騒がせ給ひて、「殿上人・御随身のしかるへき者ども、『ただ今、急ぎ参れ』と召しにつかはせ」と仰せられて、やがて御装束四・五具取り出ださせ給ひて、「いづれをか召すべき」とて、御鬢(びん)かかせおはしまして、引きつくろひておはしますに、夜のしらじらと明くるほどに、殿下黒き馬に移し置きたるに奉りて、敦時7)に口をさせて参らせ給ひたりければ、やがて出御ありて、馬場殿へ御幸ならせ給ひて、秋の山の方へ入らせ給ひけるに、くぼみたる所、雪の降り積みたるを知らせ給はで、殿下の御馬をうち入れさせ給ひたりければ、かいこづむ所にて、御随身敦時・有長、「穴あり」と申したりけるに、院還御の後、「関白の馬のつまづきたりつるを、随身かつかりやりたりつるこそ、おもしろかりつれ」と仰せごとありけり。

翻刻

同院鳥羽殿におはしましける時昨日より雪降て
けふ一日ふりくらしたりける夜半はかりまてなを/s373r
ふりけれは院おきさせ給て備後守季通か御
前に臥たりけるよ雪はいくらほとたまりたるそ猶
ふるかと見てまいれと仰られけれは吹ためたる所は一
尺にあまりて候庭は八九寸はかりにと申けれはゆゆ
しき大雪にこそたたいま尺に満なんすと仰られて
近衛舎人のちかくゐたるやあるしかるへき近衛司の
ちかきは誰かあるなと御気しきつかせ給ておはし
ましける程に鐘のをとしけれは後夜かなと仰られ
てしはしありける程にさうめきたる人のはやはやと
してまいるをとのしけれはたそみてまいれと仰られ
けれはいそき出てみれは淡路守盛長殿下の御使として/s373l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/373

まいりて候以外の大雪にてこそ候めれ定而御覧候はん只今
まいり候なりと申させ給たりけれは御手をはたと
うたせ給てさおもひつる事とていかかせんするとさ
はかせ給て殿上人御随身のしかるへき物とも只いま
いそきまいれとめしにつかはせと仰られてやかて
御装束四五具取いたさせ給ていつれをかめす
へきとて御鬢かかせおはしまして引つくろひて
おはしますに夜のしらしらとあくるほとに殿下く
ろき馬にうつしをきたるにたてまつりて敦時
に口をさせてまいらせ給たりけれはやかて出御
ありて馬場殿へ御幸ならせ給て秋の山のかた/s374r
へいらせ給けるにくほみたる所雪のふりつみ
たるをしらせ給はて殿下の御馬をうち入させ
給たりけれはかいこつむ所にて御随身敦時
有長穴ありと申たりけるに院還御の後関白
の馬のつまつきたりつるを随身かつかりやりたり
つるこそおもしろかりつれと仰事ありけり/s374l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/374

1)
白河天皇。475参照。
2)
藤原季通
3)
「臥したりけるに」は底本「臥したりけるよ」。諸本により訂正。
4)
「候ふ」は底本「に」。諸本により訂正。
5)
源盛長
6)
藤原師実
7)
下毛野敦時


text/chomonju/s_chomonju476.txt · 最終更新: 2020/08/15 12:18 by Satoshi Nakagawa