ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju474

古今著聞集 遊覧第二十二

474 寛治六年十月二十九日殿上の逍遥ありけり・・・

校訂本文

寛治六年十月二十九日、殿上の逍遥ありけり。その時の皇居は堀川院なりければ、その北なる所にて、人々集まりたりける次第に、馬を引かせて北の陣の上をわたして、叡覧ありけり。

人々、三条猪熊にてぞ馬に乗りける。頭弁季仲朝臣1)・頭中将宗通朝臣2)、烏帽子直衣、そのほかの人々は狩衣をぞ着たりける。所の衆・滝口・小舎人あひしたがひけり。

大井川に至りて、紅葉の舟に乗りて、盃酌ありけるには、大夫季房3)・侍従宗輔4)・実隆5)などは、年をさななかりければ、貫首(くわんじゆ)の上にぞ着きたりける。

夜に入りて、集会(しふゑ)の所に帰りて、おのおの冠などしかへて、内裏へ参りて、宮の御方にて和歌を講じけり。まづ盃酌ありけるとかや。

昔はこのこと常のことなりけるに、中ごろより絶えにけり。口惜しき世なり。

翻刻

寛治六年十月廿九日殿上逍遥ありけりその時の
皇居は堀川院なりけれはその北なる所にて人々
あつまりたりける次第に馬をひかせて北陣の上を
わたして叡覧ありけり人々三条猪熊にてそ
馬にのりける頭弁季仲朝臣頭中将宗朝臣烏帽
子直衣そのほかの人々は狩衣をそきたりける所衆/s371l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/371

瀧口小舎人あひしたかひけり大井川にいたりて紅
葉の舟に乗て盃酌ありけるには大夫季房侍従
宗輔実隆なとは年おさなかりけれは貫首の上
にそ着たりける夜に入て集会の所にかへりて
各冠なとしかへて内裏へまいりて宮の御方にて
和哥を講しけり先盃酌ありけるとかやむかしは此
事つねの事なりけるに中比よりたえにけりくち惜き
世なり/s372r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/372

1)
藤原季仲
2)
藤原宗通。底本「通」なし。諸本により補う
3)
源季房
4)
藤原宗輔
5)
藤原実隆


text/chomonju/s_chomonju474.txt · 最終更新: 2020/08/12 15:56 by Satoshi Nakagawa