ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju471

古今著聞集 哀傷第二十一

471 明義門院寛元元年三月二十九日にかくれさせ給ひにしを・・・

校訂本文

明義門院1)、寛元元年三月二十九日にかくれさせ給ひにしを、侍従隆祐2)、備後国にて聞き参らせて、詠みて送り侍りし。

  袖の上に弥生の雨の晴れやらで陰と頼みし花や恋しき

この歌をはるかにほど経て持ちて来たられしに、その年の九月に、また陰陽門院3)失せさせおはしまししかば、醍醐殿の御葬家にこもり侍りしに、かの使(つかひ)下るとて、返事乞ひ侍りしかば、人に書かせてつかはし侍りし、

  思ひやれ弥生の雨も晴れやらでまた時雨そふ秋の山里

翻刻

明義門院寛元元年三月廿九日にかくれさせ給にし
を侍従祐備後国にてききまいらせてよみて送侍し
 袖のうへにやよひの雨の晴やらてかけとたのみし花や恋しき
此歌をはるかに程へてもちて来れしにその年の
九月に又陰陽門院失させをはしまししかは醍醐殿
の御葬家にこもり侍しにかのつかひくたるとて
返事こひ侍しかは人にかかせてつかはし侍し
 思やれやよひの雨もはれやらて又時雨そふ秋の山里/s369r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/369

1)
順徳天皇皇女諦子内親王
2)
藤原隆祐。隆祐は底本「隆」なし。諸本により補う。
3)
土御門天皇皇后、大炊御門麗子・藤原麗子。


text/chomonju/s_chomonju471.txt · 最終更新: 2020/08/11 17:13 by Satoshi Nakagawa