ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju469

古今著聞集 哀傷第二十一

469 従二位家隆卿は若くより後世の勤めなかりけるが・・・

校訂本文

従二位家隆卿1)は、若くより後世の勤めなかりけるが、嘉禎二年十二月二十三日、病にをかされて出家、七十九にてなられける。やがて、天王寺2)へ下りて、次の年、ある人の教へによりて、にはかに弥陀の本願に帰して、他事なく念仏を申されけり。

四月八日、宿執やもよほされけん、七首の和歌を詠ぜられける、

  契りあれば難波の里に宿りきて波の入り日を拝みつるかな

  なはの海を3)雲居になしてながむれば遠くもあらず弥陀の御国は4)

  二つなく頼む誓ひは九品(ここのしな)のはちすの上の上もたがはず

  八十(やそぢ)にてあるかなきかの玉の緒はみださですぐれ救世(ぐぜ)の誓ひに

  憂きものとわが故郷(ふるさと)を出でぬとも難波の宮のなからましかば

  阿弥陀仏(あみだぶ)と十たび申して終りなば誰も聞く人導かれなん5)

  かくばかり契りまします阿弥陀仏を知らず悲しき年を経にける

かくて九日、かねてその期(ご)を知りて、酉の刻に端座合掌して終はられにけり。本尊をも安置せざりけり。「ただ今、生身の仏来迎し給はんずれば、本尊よしなし」とぞ言はれける。さて、いただき洗ひて、よき筵(むしろ)など敷かせられける。

親父(しんぶ)身まかりて次の年、服脱ぎて侍りて後、伊勢に下りて侍りしに、いくほどなくて、母た身まかりにしかば、急ぎ上りて侍りしに、隆佑6)のもとより、

  立ち帰り藤の衣やしぼるらん尽くし果てにし涙と思へば

  いかばかりをりしく波に立ちにけん人もかれにし伊勢の浜荻

翻刻

従二位家隆卿はわかくより後世のつとめなかりける
か嘉禎二年十二月廿三日病におかされて出家七十九
にてなられけるやかて天王寺へくたりて次年或人
の教によりて俄に弥陀の本願に帰して他事なく
念仏を申されけり四月八日宿執や催されけん七首
の和哥を詠せられける
 契あれは難波の里にやとりきて波の入日をおかみつる哉
 なはの海の(を)雲井になしてなかむれは遠くもあらす弥陀の御国へ/s366l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/366

 二なくたのむちかひは九品のはちすのうへのうへもたかはす
 八十にてあるかなきかの玉のをはみたさてすくれ救世の誓に
 うきものと我ふる郷をいてぬとも難波の宮のなからましかは
 阿弥陀仏と十たひ申てをはりなは誰もきく人みちひかれなは
 かくはかり契ましますあみたふをしらすかなしき年をへにける
かくて九日かねてその期をしりて酉剋に端坐合掌
して終られにけり本尊をも安置せさりけりたた
今生身の仏来迎し給はんすれは本尊よしなし
とそいはれけるさていたたきあらひてよきむしろな
としかせられける
親父身まかりて次の年服ぬきて侍てのち伊勢に下て/s367r
侍しにいく程なくて母又身まかりにしかはいそきのほり
て侍しに隆佑のもとより
 立帰り藤の衣やしほるらんつくしはてにし涙とおもへは
 いかはかりおりしく波に立にけん人もかれにしいせの浜荻/s367l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/367

1)
藤原家隆
2)
四天王寺
3)
底本「海の」に「を」と傍書。傍書を採る。
4)
「御国は」は底本「御国へ」。諸本により訂正。
5)
「導かれなん」は底本「みちひかれなは」。諸本により訂正。
6)
藤原隆佑。家隆の長男。


text/chomonju/s_chomonju469.txt · 最終更新: 2020/08/10 17:37 by Satoshi Nakagawa