ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju467

古今著聞集 哀傷第二十一

467 承久の乱れによりて中御門中納言宗行卿関東へ呼び下されけるに・・・

校訂本文

承久の乱れによりて、中御門中納言宗行卿1)、関東へ呼び下されけるに、菊川といふ所にて失なはるべきよし聞きて、遊女が家の柱に書き付け侍りける、

 昔南陽県菊水 昔は南陽県の菊水

 汲下流而延齢 下流を汲みて齢(よはひ)を延ぶ

 今東海道菊河 今は東海道の菊河

 於西岸而失命 西岸に於いて命を失ふ

  今日過ぐる身をうき島が原にきてつひの命をまた定めつる2)

さしもの中に、取りあへず案じつらねられける、あはれにいみじきことなり。

それ書き付けたりける柱をば、たびたびの焼亡(ぜうまう)に3)これを大事に取り出だしけるが、近くありける火に焼けにけり。

翻刻

承久のみたれによりて中御門中納言宗行卿関東へよひ/s365r
下されけるに菊河といふ所にてうしなはるへきよしききて
遊女か家のはしらにかきつけ侍ける
 昔南陽県菊水汲下流而延齢
 今東海道菊河於西岸而失命
 けふ過る身をうき嶋か原にきてつゐの命をきた定つる
さしもの中に取あへす案しつらねられけるあはれ
にいみしき事也それ書付たりける柱をはたひ
たひの焼ニこれを大事に取出しけるかちかくあり
ける火にやけにけり/s365l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/365

1)
藤原宗行・葉室宗行
2)
「また定めつる」は底本「きた定つる」。諸本により訂正。
3)
「焼亡に」は底本「焼ニ」。諸本により「亡」を補う。


text/chomonju/s_chomonju467.txt · 最終更新: 2020/08/09 11:59 by Satoshi Nakagawa