ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju462

古今著聞集 哀傷第二十一

462 高倉院の女房世をいとひてさまかへたる人侍りけり・・・

校訂本文

高倉院1)の女房2)、世をいとひて、さまかへたる人侍りけり。

いくほどなくて、院かくれさせ給ひにしかば、大納言実国卿3)、かの女房のもとへ申しつかはしける。

  月影を見捨てて入りしことわりは雲隠れぬる今こそは知れ

翻刻

高倉院の女房世をいとひてさまかへたる人侍けりいく程
なくて院かくれさせ給にしかは大納言実国卿彼女房
のもとへ申つかはしける
 月影をみすてて入しことはりは雲かくれぬるいまこそはしれ/s363r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/363

1)
高倉天皇
2)
小督か
3)
藤原実国


text/chomonju/s_chomonju462.txt · 最終更新: 2020/08/06 11:31 by Satoshi Nakagawa