ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju453

古今著聞集 哀傷第二十一

453 延長八年九月二十九日延喜聖主崩御・・・

校訂本文

延長八年九月二十九日、延喜聖主1)崩御。十月十一、醍醐寺北山陵にわたし奉りける。御硯・御書三巻・黒染の筥一合・琴(青眼)・箏(秋風、吏部王記には風声と注せられたり)・和琴(中宮弘徽殿の御賀に献ぜられける)・御笛など入れられけり。

内蔵助良峰義方、和琴を調ぶ。楽所預丹後良名、琴を調ぶ。みな平調に調べける。和琴をば律調にぞ調べたりける。

いまは土にこそなり侍りぬらめ。あはれなることなり。

翻刻

  哀傷第廿一
延長八年九月廿九日延喜聖主崩御十月十一醍醐寺
北山陵にわたしたてまつりける御硯御書三巻
黒染筥一合琴(青眼)箏(秋風吏部王記ニハ/風声ト注セラレタリ)和琴(中宮/弘徽殿)
(御賀に/献せラレケル)御笛なと入られけり内蔵助良峯義方
和琴をしらふ楽所預丹後良名琴をしらふ皆
平調にしらへける和琴をは律調にそしらへたり
けるいまは土にこそ成侍ぬらめあはれなる事なり/s359l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/359

1)
醍醐天皇


text/chomonju/s_chomonju453.txt · 最終更新: 2020/07/25 11:44 by Satoshi Nakagawa