ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju451

古今著聞集 祝言第二十

451 仁平二年正月七日、法皇五十にみたせ給ふ御賀ありける・・・

校訂本文

仁平二年正月七日、法皇1)五十にみたせ給ふ御賀ありける。前の日、鳥羽殿に行幸なりて、古き跡を尋ねて法会を行なはれけり。

大炊御門左大臣2)・妙音院太政大臣殿3)ともに宰相中将にて、楽行事はせさせ給ひけり。

舞人、左、左少将家持朝臣・右中将実長朝臣4)・定房朝臣5)・左少将隆長朝臣6)・実定7)・蔵人左衛門佐忠親8)。右、左少将公親朝臣9)・左少将俊通朝臣10)・左少将公保朝臣11)

楽人、左、皇后宮亮師国朝臣12)羯鼓(かつこ)、治部大輔雅頼13)摺鼓(すりつづみ)、左馬頭隆季朝臣14)・摂津守重家朝臣15)笙、備後守季兼朝臣16)篳篥(ひちりき)、上総介資賢朝臣17)・侍従成親18)笛、右中将師仲朝臣19)太鼓、大納言教宗20)鉦鼓(しやうこ)。右、少納言成隆朝臣21)三の鼓、中務権大輔季家朝臣22)・侍従信能23)笛、土佐守季行朝臣24)篳篥、頭中将伊方朝臣25)笛、右中将行通朝臣26)太鼓、少納言実経27)鉦鼓、かくぞ侍りける。

右兵衛佐実国28)、笛にて侍りけるが、遅参せられたりけり。

八日の後宴に、御拝・献物・御膳など果てて、舞ひを奏す。春鶯囀の時、右大臣29)・侍従大納言成通卿30)・新大納言公教卿31)、仰せを承りて、御階の前をへて楽屋へ向ひて、右大臣は笙を吹き、両大納言は笛を吹かれけり。中宮権大夫為通卿32)も、同じく楽屋に向ひて、羯鼓をぞ打たれける。

隆長朝臣・実定、青海波を舞はれければ、左大臣33)、一家の人々を引きて楽屋へ向ひ給ふ34)。垣代(かいしろ)には、左大臣笙、民部卿宗輔卿35)笛、季兼朝臣篳篥、舞人光時36)、東の輪のほとりにゐて、詠を唱ふ。

師仲朝臣の子の童、胡飲酒を舞ひけるに、曲終りて退きけるを、御座の傍らに召されて、関白殿御37)、衵(あこめ)を取りて賜はせけり。肩にかけて舞ひて退きけるを、右大臣、童を扶持(ふち)し給ひて、右の肩に御衣(おんぞ)をかけ、左手に笏を持ちて、西の対代(たいしろ)の南の放出(はなちいで)まで一曲を舞ひ給ひけり。童、階のもとに下り立ちて後、右大臣、坤(ひつじさる)の庭にて舞踏し給ひけり。

その後、御馬引かれて御遊(ぎよいう)あり。左大臣・内大臣38)笙、内大臣39)拍子、民部卿箏、藤大納言40)琵琶、侍従大納言笛、資賢朝臣和琴、伊実朝臣付歌(つけうた)、季兼朝臣篳篥。呂律の曲畢(おは)り、勧賞行はれけり。

翻刻

仁平二年正月七日法皇五十にみたせ給御賀ありける
前日鳥羽殿に行幸なりてふるき跡を尋て法会を
おこなはれけり大炊御門左大臣妙音院太政大臣殿ともに
宰相中将にて楽行事はせさせ給けり舞人左左少将家
持朝臣右中将実長朝臣定房朝臣左少将隆長朝臣実
定蔵人左衛門佐忠親右少将公親朝臣左少将俊通朝臣
左少将公保朝臣楽人左皇后宮亮師国朝臣羯鼓治
部大輔雅頼摺鼓左馬頭隆季朝臣摂津守重家朝臣笙
備後守季兼朝臣篳篥上総介資賢朝臣侍従成親/s357r
笛右中将師仲朝臣大鼓大納言教宗鉦鼓右少納言
成隆朝臣三鼓中務権大輔季家朝臣侍従信能笛土佐
守季行朝臣篳篥頭中将伊方朝臣笛有中将行通
朝臣大鼓少納言実経鉦鼓かくそ侍ける右兵衛佐実
国笛にて侍けるか遅参せられたりけり八日後宴に
御拝献物御膳なとはてて舞を奏す春鶯囀の時
右大臣侍従大納言成通卿新大納言公教卿仰を承て
御階のまへをへて楽屋へむかひて右大臣は笙をふ
き両大納言は笛をふかれけり中宮権大夫為通卿
も同く楽屋に向て羯鼓をそうたれける隆長
朝臣実定青海波をまはれけれは左大臣一家/s357l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/357

の人々を引て楽屋へ向て(た歟)まふ垣代には左大臣笙
民部卿宗輔卿笛季兼朝臣篳篥舞人光時東
の輪のほとりにゐて詠をとなふ師仲朝臣子童
胡飲酒を舞けるに曲をはりてしりそきけるを御坐
のかたはらにめされて関白殿御あこめをとりてた
まはせけり肩にかけて舞てしりそきけるを右大
臣童を扶持し給て右の肩に御衣をかけ左手に
笏をもちて西対代の南のはなちいてまて一曲を
舞給けり童階のもとにおりたちて後右大臣坤の庭
にて舞踏し給けり其後御馬ひかれて御遊あり
左大臣内大臣笙内大臣拍子民部卿箏藤大納言/s358r
琵琶侍従大納言笛資賢朝臣和琴伊実朝臣
付歌季兼朝臣篳篥呂律曲畢勧賞おこなはれ
けり/s358l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/358

1)
鳥羽上皇
2)
藤原経宗
3)
藤原師長
4)
藤原実長
5)
源定房
6)
藤原隆長
7)
藤原実定
8)
中山忠親
9)
藤原公親。「左少将」は底本「左」なし。諸本により補う。
10)
藤原俊通
11)
藤原公保
12)
源師国
13)
源雅頼
14)
藤原隆季
15)
藤原重家
16)
藤原季兼
17)
源資賢
18)
藤原成親
19)
源師仲
20)
藤原教宗
21)
藤原成隆
22)
藤原季家
23)
藤原信能
24)
藤原季行
25)
藤原伊方。ただし、藤原伊実が正しい。
26)
藤原行通。「右中将」は底本「有中将」。諸本により訂正。
27)
藤原実経
28)
藤原実国
29)
源雅定
30)
藤原成通
31)
藤原公教
32)
藤原為通
33)
藤原頼長
34)
「向ひ給ふ」は底本「向て(た歟)まふ」。「て」に「た歟」と傍書。傍書にしたがう。
35)
藤原宗輔
36)
狛光時
37)
藤原忠通
38)
右大臣の誤り。
39)
藤原実能
40)
藤原伊通


text/chomonju/s_chomonju451.txt · 最終更新: 2020/07/23 15:19 by Satoshi Nakagawa