ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju448

古今著聞集 祝言第二十

448 延長二年十二月二十二日内裏の御賀を中宮奉らせ給ひけるに・・・

校訂本文

延長二年十二月二十二日、内裏の御賀1)を中宮2)奉らせ給ひけるに、清涼殿にて遊宴ありけり。

弾正親王(だんじやうのみこ)3)笛を吹き、左大臣4)和琴(わごん)を弾じ給ひけり。中宮の御方より楽器を奉られける中に、北辺左大臣5)の、清和6)の御時、手づから書かれたる春鶯囀(しゆんあうでん)の箏の譜を、木の枝に付けて奉られける、めづらしくやさしき御贈り物なりかし。

翻刻

延長二年十二月廿二日内裏御賀を中宮たてまつらせ
給けるに清涼殿にて遊宴ありけり弾正親王笛を
吹左大臣和琴を弾し給けり中宮御方より楽器をたて
まつられける中に北辺左大臣の清和御時手自かかれたる
春鶯囀の箏の譜を木の枝に付てたてまつられけるめつ
らしくやさしき御をくり物なりかし/s354l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/354

1)
醍醐天皇四十の賀
2)
藤原穏子
3)
章明親王
4)
藤原忠平
5)
源信
6)
清和天皇


text/chomonju/s_chomonju448.txt · 最終更新: 2020/07/12 12:23 by Satoshi Nakagawa