ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju445

古今著聞集 偸盗第十九

445 花山院の粟田口殿の山の蕨をあまりに人の盗みければ・・・

校訂本文

花山院の粟田口殿の山の蕨(わらび)を、あまりに人の盗みければ、山守1)縁浄法師詠み侍りける、

  山守のひましなければかぎわらび盗人にこそ今はまかすれ2)

翻刻

花山院の粟田口殿の山の蕨をあまりに人のぬす
みけれはこもり縁浄法師よみ侍ける
 山守のひましなけれはかきわらひぬす人にこそとはまるすれ/s347l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/347

1)
「山守」は底本「こもり」。諸本及び歌により訂正。
2)
「今はまかすれ」は底本「とはまるすれ」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju445.txt · 最終更新: 2020/07/09 22:59 by Satoshi Nakagawa