ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju444

古今著聞集 偸盗第十九

444 この僧都の坊の隣なりける家の畠に蕎麦を植ゑて侍りけるを・・・

校訂本文

この僧都1)の坊の隣なりける家の畠に、蕎麦(そまむぎ)を植ゑて侍りけるを、夜、盗人みな引きて取りたりけるを聞きて詠める。

  盗人は長袴をや着たるらんそばを取りてぞ走り去りぬる

翻刻

この僧都の坊の隣なりける家の畠にそまむ
きをうへて侍けるをよる盗人みなひきてとり
たりけるをききてよめる
 ぬす人は長はかまをやきたるらんそはを取てそはしりさりぬる/s347r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/347

1)
澄恵僧都。443参照。


text/chomonju/s_chomonju444.txt · 最終更新: 2020/07/09 21:13 by Satoshi Nakagawa