ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju443

古今著聞集 偸盗第十九

443 澄恵僧都いまだ童にて侍りける時介錯しける僧髪けづらんとて・・・

校訂本文

澄恵僧都、いまだ童にて侍りける時、介錯(かいしやく)しける僧、「髪けづらん」とて、手箱を乞ひけるに、その手箱失せにけり。いかに求むれども見えず。はや盗人の取りてけるなり。

その時、この稚児(ちご)、とりもあへず詠み侍りける。

  白波の立ち来るままに玉くしげふたみの浦の見えずなりぬる

翻刻

澄恵僧都いまた童にて侍ける時かいしやく
しける僧かみけつらんとて手箱をこひけるに
そのてはこうせにけりいかにもとむれともみえす
はや盗人のとりてけるなりその時このちこと
りもあへすよみ侍ける
 しら浪の立くるままに玉くしけふたみの浦のみえすなりぬる/s347r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/347



text/chomonju/s_chomonju443.txt · 最終更新: 2020/07/09 19:25 by Satoshi Nakagawa