ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju436

古今著聞集 偸盗第十九

436 後鳥羽院の御時交野八郎といふ強盗の張本ありけり・・・

校訂本文

後鳥羽院1)の御時、交野八郎といふ強盗の張本ありけり。今津に宿りたるよし聞こし召して、西面の輩(ともがら)をつかはして、搦(から)め召されける時、やがて御幸なりて、御舟に召して御覧ぜられけり。

かの奴(やつ)は究竟(くつきやう)の者にて、搦手(からめて)四方をまきて責むるに、とかく2)ちがひて、いかにも搦められず。御舟より、上皇みづから櫂(かい)を取らせ給ひて、御おきて3)ありけり。その時すなはち搦められにけり。

水無瀬殿へ参りたりけるに、召しすゑて、「いかに汝(なんぢ)ほどの奴は、これほどやすくは搦められたるぞ」と御尋ねありければ、八郎申しけるは、「年ごろ、搦手向ひ候ふこと、その数を知らず候ふ。山にこもり4)水に入りて、すべて人を近付けず候ふ。このたびも、西面の人々向ひて候ひつるほどは、ものの数とも覚えず候ひつるが、御幸ならせおはしまし候ひて、御みづから御おきての候ひつることかたじけなく、申し上ぐべきには候はねども、舟の櫂ははしたなく重きものにて候ふを、扇などを持たせおはしまして候ふやうに、御片手に取らせおはしまして、やすやすととかく御おきて候ひつるを、ちと5)見参らせ候ひつるより、運尽き果て候ひて、力弱々(よわよわ)と覚え候ひて、いかにも逃るべくも覚え候はで、搦められ候ひぬるに候ふ」と申したりければ、御気色悪しくもなくて、「おのれ召し使ふべきなり」とて許されて、御中間(ごちゆうげん)になされにけり。

御幸の時は、烏帽子かけして、括(くくり)高く上げて走りければ、興あることになん思し召されたりけり。

翻刻

後鳥羽院御時交野八郎といふ強盗の張本
ありけり今津に宿たるよしきこししめして西面
の輩をつかはしてからめ召れける時やかて御幸
なりて御舟にめして御らんせられけりかのやつは究
竟の物にてからめて四方をまきてせむるにとて
ちかひていかにもからめられす御舟より上皇身つ
からかいをとらせ給て御せきてありけりそのとき/s334r
則からめられにけり水無瀬殿へまいりたりけるに
めしすへていかに汝ほとのやつはこれ程やすくは
搦られたるそと御尋ありけれは八郎申けるは
年来搦手むかひ候こと其数をしらす候山にこもる
水に入てすへて人をちかつけす候このたひも西
面の人々向て候つる程は物の数ともおほえす候
つるか御幸ならせをはしまし候て御みつから御をきて
の候つる事かたしけなく申あくへきには候はねとも舟
のかいははしたなくおもき物にて候を扇なとをもた
せおはしまして候やうに御片手にとらせおはしま
してやすやすととかく御をきて候つるをひとみまい

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/334

らせ候つるより運つきはて候て力よはよはと覚
候ていかにものかるへくもおほえ候はてからめられ候ぬる
に候と申たりけれは御気色あしくもなくておの
れめしつかふへきなりとてゆるされて御中間に
なされにけり御幸の時は烏帽子かけしてくくり
たかくあけてはしりけれは興あることにな
んおほしめされたりけり/s335r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/335

1)
後鳥羽上皇
2)
「とかく」は底本「とて」。諸本により訂正。
3)
「おきて」は底本「せきて」。諸本により訂正。
4)
「こもり」は底本「こもる」。諸本により訂正。
5)
「ちと」は底本「ひと」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju436.txt · 最終更新: 2020/06/27 13:27 by Satoshi Nakagawa