ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju434

古今著聞集 偸盗第十九

434 中納言兼光卿建久二年十二月二十八日に検非違使別当になりて・・・

校訂本文

中納言兼光卿1)、建久二年十二月二十八日に検非違使別当になりて、庁務ことにおこし、沙汰ありけるに、賤しき者の小屋に、小さき釜の失せたりけるを、隣なりける腰居(こしゐ)が盗みたる嫌疑ありて、贓物(ざうもつ)を探し出だしたりけるに、腰居申しけるは、「手をもちてこそゐざり歩(あり)き候へ。手を離れては、いかでか取り侍るべき。他人ぞ盗みて置きて侍らん」と陳じければ、「まことに申すところ理なり」と沙汰ありけれど、盗まれたる者の訴訟強くて、大理の門前に召し出だして内問ありけり。

相論ことゆかざりけるに、別当はかりごとをめぐらして、「この腰居、申すところ不便(ふびん)なり。ただこの釜をば、腰居に取らすべし」と仰せ下したりければ、腰居喜びて、頭(かしら)にうちかづきて、いざり出でけるを見て、「実犯(じつぽん)なりけり。かたはの身なれども、かくして盗みてけり」と悟りて、科(とが)に行なはれけり。

ゆゆしかりけるはかりごとなり。

翻刻

中納言兼光卿建久二年十二月廿八日に検非違
使別当になりて庁務ことにおこし沙汰ありけ
るに賤ものの小屋にちひさき釜のうせたり
けるを隣なりける腰居かぬすみたるけんき
ありて臓物をさかし出したりけるにこしゐ申
けるは手をもちてこそゐさりありき候へて
をはなれてはいかてかとり侍へき他人そ盗
てをきて侍らんと陳しけれはまことに申/s332r
所理なりと沙汰ありけれとぬすまれたるものの
訴訟つよくて大理の門前にめし出して内問あり
けり相論事ゆかさりけるに別当はかりことを
めくらしてこの腰居【申所不便なりたた此釜を
は腰居】にとらすへしと仰下したりけれは
腰居よろこひてかしらにうちかつきていさりい
てけるをみて実犯なりけりかたはの身なれと
もかくしてぬすみてけりとさとりて科におこな
はれけりゆゆしかりけるはかりことなり/s332l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/332

1)
藤原兼光


text/chomonju/s_chomonju434.txt · 最終更新: 2020/06/23 23:00 by Satoshi Nakagawa