ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju422

古今著聞集 博奕第十八

422 久安元年の列見式日に行なはれけるに・・・

校訂本文

久安元年の列見(れつけん)、式日に行なはれけるに、宇治左府1)、内大臣におはしましける、参り給ひて、事々おこし行はれけり。朝所(あいたんどころ)にて盃酌の後、囲碁ありけり。権右中弁朝隆朝臣2)・左少弁師能3)、また少納言成隆4)・能忠5)等、二双つかうまつりける。

昔は公卿ぞ打ちける。弁・少納言つかうまつることは例確かならねども、時代によりて定められけるとぞ。公卿は念人(ねんにん)にてぞありける。

このこと絶えて久しくなりてけるに、めづらしかりけることなり。

翻刻

久安元年列見式日におこなはれけるに宇治左府
内大臣にをはしましけるまいり給て事々をこし行/s316r
はれけり朝所にて盃酌の後囲碁ありけり権右中
弁朝隆朝臣左少弁師能又少納言成隆能忠等
二双つかうまつりける昔は公卿そうちける弁少納言
つかうまつる事は例たしかならねとも時代によりて
さためられけるとそ公卿は念人にてそありける此事
絶てひさしく成てけるにめつらしかりける事也/s316l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/316

1)
藤原頼長
2)
藤原朝隆
3)
源師能
4)
藤原成隆
5)
藤原能忠


text/chomonju/s_chomonju422.txt · 最終更新: 2020/06/06 16:22 by Satoshi Nakagawa