ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju411

古今著聞集 蹴鞠第十七

411 宇治の左府法成寺に参籠せさせ給ひたりける時・・・

校訂本文

宇治の左府1)、法成寺に参籠せさせ給ひたりける時、片岡の禰宜成房に仰せて、切立(きりたて)せられて、鞠のために家平2)召されけり。

執行(某)、鞠二つ参らせたりけるを、左府、家平を召して、この鞠二つが善悪をえられけり。家平申しけるは、「一つは良く候ふ。一つは二重鞠にて候ふ」と申しけるを、左府、「中を見ずして二重鞠と申すこと不審なり。その鞠を上ぐべきなり」と仰せられければ、すなはち件(くだん)の鞠を上ぐるに、両三度上がりて、枝に当たりて裂けぬ。これを見るに、古き鞠の上に薄き皮を覆ひたりけり。

左府・徳大寺3)の大臣(おとど)両人の御前にこれを召し寄せて御覧ずるに4)まことに二重なりけり。大臣しきりに感じ給ひけるとなん。

翻刻

宇治左府法成寺に参籠せさせ給たりける時片岡
禰宜成房に仰て切立せられて鞠のために家平
めされけり執行某鞠二まいらせたりけるを左府
家平をめして此鞠二か善悪をえられけり家
平申けるは一はよく候一は二重鞠にて候と申けるを
左府中をみすして二重鞠と申事不審なり
其鞠をあくへきなりとおほせられけれは則件鞠
をあくるに両三度あかりて枝にあたりてさけぬこれ/s312l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/312

をみるにふるき鞠のうへに薄き皮をおほひたり
けり左府徳大寺のおとと両人の御まへに是を召寄て
からんするに実に二重なりけりおとと頻に感し
給けるとなん/s313r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/313

1)
藤原頼長
2)
賀茂家平
3)
藤原実能
4)
「御覧ずるに」は底本「からんするに」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju411.txt · 最終更新: 2020/06/02 19:23 by Satoshi Nakagawa