ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju407

古今著聞集 蹴鞠第十七

407(序) 蹴鞠之逸遊者前庭之壮観也・・・

校訂本文

蹴鞠之逸遊者、前庭之壮観也。文武天皇大宝元年に此興始まりけるとかや。白砂之上、緑樹之景、二六対陳1)、殿翼相当。感興難尽者也。

書き下し文

蹴鞠(しうきく)の逸遊(いついう)は、前庭の壮観なり。文武天皇大宝元年にこの興始まりけるとかや。白砂の上、緑樹の景(かげ)、二六対陳し、殿翼相当す。感興尽くし難きものなり。

翻刻

  蹴鞠第十七
蹴鞠之逸遊者前庭之壮観也文武天皇大
宝元年に此興始まりけるとかや白砂之上緑樹之/s306r
景二六対練殿翼相当感興難尽者也/s306l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/306

1)
「陳」は底本「練」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju407.txt · 最終更新: 2020/05/25 19:05 by Satoshi Nakagawa