ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju398

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:chomonju:s_chomonju398 [2020/05/19 22:54] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +[[index.html|古今著聞集]] 画図第十六
 +====== 398 同じ御時絵難房といふ者候ひけり・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +同じ御時((後白河法皇の時代。[[s_chomonju397|397]]参照。))、絵難房といふ者候ひけり。いかによく書きたる絵にも、必ず難を見出す者なりけり。
 +
 +ある時、古き上手どもの書きたる絵本の中に、人の犬を引きたるに、犬すまひて行かじとしたる体(てい)、まことに生きてはたらく様なり。また、男の肩脱ぎて、鐇(たつぎ)ふりかたげて、大木を切りたるあり。
 +
 +法皇((後白河法皇))の仰せに、「これをば、絵難房も力及ばじものを」とて、すなはち召して見せられければ、よくよく見て、「めでたくは書きて候ふが、難(なん)少々候ふ。これほどすまひたる犬の頭縄(くびなは)は、下腹のはたより、よく引きすごされて候ふべきなり。これは犬はすまひて、頭縄普通なる体に見え候ふなり。また、木切りたる男、めでたく候ふ。ただし、これほどの大木を半らすぎ切り入れて候ふに、ただ今散りたるこけらばかりにて、前に散り積もりたるなし。これ大きなる難に候ふ」と申しければ、法皇、仰せらるることもなくて、絵を収められにけり((「れにけり」は底本「れゝけり」。諸本により訂正。))
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  同御時絵難房といふ物候けりいかによく書たる絵にも
 +  必す難をみいたすものなりけり或時ふるき上手ともの
 +  かきたる絵本の中に人の犬を引たるにいぬすまひ
 +  てゆかしとしたるていまことにいきてはたらく様なり又/s300l
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100190287/​viewer/​300
 +
 +  男のかたぬきてたつきふりかたけて大木を切たるあり
 +  法皇の仰に是をは絵難房も力及はし物をとて
 +  即召てみせられけれはよくよくみて目出は書て候か難
 +  少々候これ程すまひたる犬のくひ縄はしたはらのはた
 +  よりよくひきすこされて候へき也是は犬はすまひて頭
 +  縄普通なる体にみえ候也又木きりたる男目出候但
 +  これ程の大木をなからすき切入て候に只今ちりたる
 +  こけらはかりにて前に散つもりたるなしこれ大なる
 +  難に候と申けれは法皇被仰事もなくて絵をお
 +  さめられれけり/s301r
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100190287/​viewer/​301
  


text/chomonju/s_chomonju398.txt · 最終更新: 2020/05/19 22:54 by Satoshi Nakagawa