ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju395

古今著聞集 画図第十六

395 鳥羽僧正は近き世には並びなき絵書きなり・・・

校訂本文

鳥羽僧正1)は近き世には並びなき絵書きなり。法勝寺金堂の扉の絵書きたる人なり。

いつほどのことにか、供米(くまい)の不法のことありける時、絵に描かれけり。辻風の吹きたるに、米の俵を多く吹き上げたるが、塵灰(じんくわい)のごとくに空に上がるを、大童子・法師ばら走り散りて、取りとどめんとしたるを、さまざまおもしろう筆をふるひて描かれたりけるを、誰かしたりけん、その絵を院2)御覧じて、御入興ありけり。

その心を僧正に御尋ねありければ、「あまりに供米不法に候ひて、まことの物は入り候はで3)、糟糠(さうかう)のみ入りて、軽(かろ)く候ふゆゑに、辻風に吹き上げられしを、『さりとては』とて、小法師ばらが取りとどめんとし候ふが、をかしう候ふを、書きて候ふ」と申されければ、「此興のことなり」とて、それより供米の沙汰厳しくなりて、不法のことなかりけり。

翻刻

鳥羽僧正はちかき世にはならひなき絵書なり法
勝寺金堂の扉の絵書たる人なりいつほとの事
にか供米の不法の事ありける時絵にかかれけり辻風
の吹たるに米の俵をおほく吹上たるか塵灰の/s298l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/298

ことくに空にあかるを大童子法師原はしりちりてとり
ととめんとしたるをさまさまおもしろう筆をふるひ
てかかれたりけるをたれかしたりけんその絵を院御
覧して御入興ありけり其心を僧正に御尋あり
けれはあまりに供米不法に候て実の物は入候はん糟糠
のみ入てかろく候故に辻風に吹上られしをさりとて
はとて小法師原かとりととめんとし候かおかしう候を書
て候と申されけれは此興の事なりとてそれより
供米の沙汰きひしくなりて不法の事なかりけり/s299r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/299

1)
覚猷
2)
白河法皇か。
3)
「候はで」は底本「候はん」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju395.txt · 最終更新: 2020/05/18 22:46 by Satoshi Nakagawa