ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju393

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:chomonju:s_chomonju393 [2020/05/17 16:14] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +[[index.html|古今著聞集]] 画図第十六
 +====== 393 永承五年四月二十六日麗景殿の女御に絵合ありけり・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +永承五年四月二十六日、麗景殿の女御((後朱雀天皇女御藤原延子))に絵合(ゑあはせ)ありけり。弥生の十日余りのころよりその沙汰ありけるは、「春の日のつれづれに暮らすよりは、常ならぬいどみごとを御前に御覧ぜさせばや。昔より聞こゆる花合は、散りて古き根にかへりぬれば、匂ひ恋し。草合は、尋ねてもとの所へ返しやれば、名残うるさし。歌林((類聚歌林))とかいふなるよりは、古万葉集まで心も及ばず。古今((古今和歌集))・後撰((後撰和歌集))等、青柳のいとくり返し見れども飽かず。紅葉の錦そめ出だす心も深き色なれ」とて((「とて」は底本「とも」。文脈により訂正。))、左右を定めて、歌の心・詠み人を絵に書きて合はせられけり。
 +
 +「いにしへの歌の深きに添へて、今の言葉の浅きがまじりたらん、めづらしくや」とて、歌三つをつらねけり。題は、鶴・卯花(うのはな)・月になん侍りける。このごろは郭公(ほととぎす)などこそあるべきを、「大殿((藤原頼宗))の歌合の侍れば」とて、鶴にかへられけるなり。相模・伊勢大輔・左衛門命婦ぞ詠み侍りける。女房二十人、十人づつを分かちて、おのおの絵描く人を伝へ伝へに尋ねて描かせけり。
 +
 +寝殿の東西の母屋の庇(ひさし)を上達部の座とす。源大納言(師房)((源師房))・小野宮中納言(資平)((藤原資平))・左衛門督(隆国)((源隆国))・新中納言(俊家)((藤原俊家))・中宮権大夫(経輔)((藤原経輔))・右大弁(経長)((源経長))・三位侍従(泰平)((底本ママ。源基平か。))などぞ参られける。殿上人は競馬(くらべうま)のさだめしける間なりければ、その所より右の頭中将((源資綱))、つぎつぎの八・九人ばかり引きつれて参りけり。
 +
 +御簾の内には北面に分かれてゐたり。左、撫子襲(なでしこがさね)、右、藤襲の衣(きぬ)をなん着侍りける。
 +
 +左、金(かね)の透箱(すきばこ)に、こころばへして、金(かね)の結び袋に色々の玉を村濃(むらご)に貫きて、括(くく)りにして、古今絵七帖、新しき歌絵の金(かね)の草子一帖入れたり。表紙、さまざまに飾りたり。打敷(うちしき)、瞿麦(なでしこ)の浮線綾(ふせんりよう)((「浮線綾」は底本「ふとんれう」。諸本により訂正。))に卯花を縫ひたりけり。数さしの金の州浜に、さしで丘かを作りて、葉山に松おほく植ゑたり。数には松をさし移すべきなり。打敷、深緑(ふかみどり)の浮線綾なり。
 +
 +右、鏡海(かがみうみ)に金(かね)の鶴うけたり。金(かね)の透箱をうけに置きて、絵の草子六帖、新しき歌絵の草子一帖を入れ、表紙の絵さまざまなり。打敷、二藍のざうがに白き文を縫ひたり。数さしの金の州浜に、金の鶴あまた立てり。千年(ちとせ)つもれるといふ心なるべし。数には鶴の浦づたひ((「づたひ」は底本「つこひ」。諸本により訂正。))すべきなり。打敷、深緑のざうがに縫物をしたり。
 +
 +日((「日」は底本「白」。諸本により訂正。))やうやく暮れぬれば、こなたかなたに居分けけり。大臣殿((藤原頼宗))は、つつみ給ふ御姿なれど、「上臈ものし給ふ」とて、忍びあへ給はず。左、四位少将((藤原忠家))、右、兵衛佐((藤原仲房か。))、かたがたの草子取りて詠み合はするほどに、左の方より、頭弁((藤原経家か。))、人々七・八人ひきつれて参りたり。かたがたうるはしくなりて、一・二番、上達部の中にさだめやられざりけるを、殿上人の中より、「勝負は忌みあることに」など侍りしかば、「げにこの絵ども、おぼろげにては見さだめがたきことのさまなれば」とて、勝負なし。なかなか勝ち負けあらんよりは、乱れておもしろかりけり。
 +
 +新しき歌をば、おのおの番(つが)はれけり。相模が卯花の秀歌((「秀歌」は底本「委哥」。諸本により訂正。))詠みたるは、このたびのことなり。
 +
 +  見わたせば波のしがらみかけてけり卯の花さける玉川の里
 +
 +土器(かはらけ)あまたたびになりて、引出物などありけるとかや。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  永承五年四月廿六日麗景殿女御に絵合あり
 +  けり弥生の十日あまりの比よりそのさたありけるは春/s295l
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100190287/​viewer/​295
 +
 +  の日のつれつれにくらすよりはつねならぬいとみ事を御前に
 +  御覧せさせはや昔よりきこゆる花合は散てふるき
 +  根にかへりぬれはにほひ恋し草合は尋て本の所へ
 +  返しやれは名残うるさし哥林とかいふなるよりは古万
 +  葉集まて心もおよはす古今後撰等青柳のいと
 +  くり返しみれともあかす紅葉の錦そめいたす心もふ
 +  かき色なれとも左右をさためて哥の心よみ人を絵
 +  に書て被合けりいにしへの哥のふかきにそへて今
 +  のこと葉の浅かましりたらんめつらしくやとて哥三
 +  をつらねけり題は鶴卯花月になん侍ける此比は郭公なと
 +  こそあるへきを大殿哥合の侍れはとて鶴に/s296r
 +
 +  かへられけるなり相模伊勢大輔左衛門命婦そ読侍
 +  ける女房廿人十人つつをわかちて各絵よく人を伝々
 +  に尋てかかせけり寝殿の東西の母屋庇を上達
 +  部の座とす源大納言(師房)小野宮中納言(資平)左衛門
 +  督(隆国)新中納言(俊家)中宮権大夫(経輔)右大弁(経長)三位
 +  侍従(泰平)なとそ参られける殿上人はくらへ馬のさた
 +  めしける間なりけれはその所より右頭中将つきつきの
 +  八九人はかり引つれて参けり御簾の内には北面分て
 +  ゐたり左なてしこかさね右藤かさねの衣をなんき
 +  侍ける左かねのすき箱にこころはへしてかねのむす
 +  ひ袋に色々の玉をむらこにつらぬきてくくりにして/s296l
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100190287/​viewer/​296
 +
 +  古今絵七帖あたらしき哥絵のかねのさうし一帖入たり
 +  表紙さまさまにかさりたり打敷瞿麦のふとんれうに
 +  卯花を縫たりけり数さしの金の州浜にさして
 +  のをかをつくりて葉山に松おほくうへたり数には
 +  松をさしうつすへきなり打敷ふかみとりの浮線綾
 +  なり右かかみ海にかねの鶴うけたりかねの透はこを
 +  うけにをきて絵のさうし六帖あたらしき哥絵の
 +  草子一帖を入表紙の絵さまさまなり打敷二藍
 +  のさうかに白き文をぬいたり数さしの金の州浜
 +  に金の鶴あまたたてり千とせつもれると
 +  いふ心なるへし数にはつるのうらつこひすへきなり/s297r
 +
 +  打敷ふかみとりのさうかに縫物をしたり白漸暮ぬ
 +  れはこなたかなたに居わけけり大臣殿はつつみ
 +  給御姿なれと上臈ものし給とて忍あへ給
 +  はす左四位少将右兵衛佐かたかたの双紙とりてよみ
 +  合するほとに左の方より頭弁人々七八人ひきつ
 +  れて参たりかたかたうるはしくなりて一二番上達
 +  部の中にさためやられさりけるを殿上人の中
 +  より勝負はいみある事になと侍しかはけに此絵とも
 +  おほろけにては見さためかたき事のさまなれはとて
 +  勝負なしなかなかかちまけあらんよりはみたれて
 +  面白かりけりあたらしき哥をは各つかはれけり/s297l
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100190287/​viewer/​297
 +
 +  相模か卯花の委哥読たるはこのたひの事なり
 +   みわたせは浪のしからみかけてけり卯花さける玉川のさと
 +  かはらけあまたたひになりて引出物なとありけると
 +  かや/s298r
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100190287/​viewer/​298
  


text/chomonju/s_chomonju393.txt · 最終更新: 2020/05/17 16:14 by Satoshi Nakagawa