ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju392

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:chomonju:s_chomonju392 [2020/05/16 12:40]
Satoshi Nakagawa 作成
text:chomonju:s_chomonju392 [2020/05/16 12:41] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 6: ライン 6:
 能通((藤原能通))、絵師良親に屏風二百帖に絵を描かせたりけり。その中に、坤元録(こんげんろく)の屏風をば、良親相伝の本にてなん描き侍りけり。 能通((藤原能通))、絵師良親に屏風二百帖に絵を描かせたりけり。その中に、坤元録(こんげんろく)の屏風をば、良親相伝の本にてなん描き侍りけり。
  
-大女御((後冷泉天皇后藤原歓子))参り給ひける時、二条殿に参らせさせてんげり。色紙形は四条大納言((藤原公任))ぞ書かれける。 +大女御((後冷泉天皇后藤原歓子))参り給ひける時、二条殿に参らせさせてんげり。色紙形は四条大納言((藤原公任))ぞ書かれける。さらにまた、為成((宅磨為成))をして写されけり。正本は一の人((藤原頼通))の御相伝の物に侍るにこそ。
- +
-さらにまた、為成((宅磨為成))をして写されけり。正本は一の人((藤原頼通))の御相伝の物に侍るにこそ。+
  
 また、和漢抄((和漢朗詠集))は屏風には中巻水((「中巻」は「中間」の誤写とする説が有力。))を描き、上に唐絵を描き、下に大和絵を描きたりけり。唐絵の屏風は、実範((藤原実範))伝へたりけるを、成章((高階成章))に沽脚(こきやく)しにけるとぞ。 また、和漢抄((和漢朗詠集))は屏風には中巻水((「中巻」は「中間」の誤写とする説が有力。))を描き、上に唐絵を描き、下に大和絵を描きたりけり。唐絵の屏風は、実範((藤原実範))伝へたりけるを、成章((高階成章))に沽脚(こきやく)しにけるとぞ。


text/chomonju/s_chomonju392.1589600455.txt.gz · 最終更新: 2020/05/16 12:40 by Satoshi Nakagawa