ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju388

古今著聞集 画図第十六

388 帥の大臣に屏風を売る人ありけり・・・

校訂本文

帥の大臣(おとど)1)に屏風を売る人ありけり。公茂2)・弘高3)などに見せられけり。

公茂・弘高を招きて言ひけるは、「この野筋、この松、なんぢ及ぶべからず。おそらくは公忠4)が描くところか」。弘高、承伏しけり。公茂がいはく、「公忠は屏風を書くとては、必ずその屏風のひらのすみごとに、おのれが名を書きけり」。

こころみにはなちて見るに、案のごとく公忠が字ありけり。いみしかりけることなり。

翻刻

帥のおととに屏風を売人ありけり公茂弘高なとに
みせられけり公茂弘高をまねきていひけるは此野
筋此松汝及へからすおそらくは公忠かかく所か弘
高承伏しけり公茂か云公忠は屏風を書とては
必其屏風のひらのすみことにをのれか名を書けり
こころみにはなちてみるに案のことく公忠か字
ありけりいみしかりける事也/s294l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/294

1)
藤原伊周
2)
巨勢公茂
3)
巨勢広高
4)
巨勢公忠


text/chomonju/s_chomonju388.txt · 最終更新: 2020/05/15 21:40 by Satoshi Nakagawa