ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju387

古今著聞集 画図第十六

387 弘高地獄変の屏風を書きけるに・・・

校訂本文

弘高1)、地獄変の屏風を書きけるに、楼の上より桙(ほこ)2)をさし下ろして、人を刺したる鬼を描きたりけるが、ことに魂入りて見えけるを、みづから言ひけるは、「おそらくは、わが運命尽きぬ」と。果していくほどなくて失せにけり。六条宮(具平)3)、御堂4)に申し給ひけるは、「布障子の役などには、今は弘高をば召さるべからず。軽々なるべきことなり」。弘高、聞きて自愛しけり。

この弘高は、金岡5)が曾孫、公茂6)が孫、深江7)が子なり。公忠8)(公茂兄)よりさきは、描きたる絵、生たる物のごとし。公茂以下(いげ)、今の体にはなりたるとなん。

弘高、少年の時、出家したりけるが、後に還俗(げんぞく)したるなり。その罪を恐れて、みづから千体の不動尊を書きて、供養しけるとなん。

翻刻

広(弘歟)高地獄変の屏風を書けるに楼の上よ
り杵をさしおろして人をさしたる鬼をかき
たりけるかことに魂入てみえけるをみつから
いひけるはおそらくは我運命つきぬとはた
して幾程なくて失にけり六条宮(具平)御
堂に申給けるは布障子の役なとにはい
まは弘高をはめさるへからす軽々なるへき事也
弘高ききて自愛しけり此弘高は金岡か曾孫
公茂か孫深江か子なり公忠(公茂兄)よりさきはかきたる絵
生たる物のことし公茂以下今の体には成たるとなん弘高
少年の時出家したりけるか後に還俗したるなり其罪をおそれて/s294r
みつから千体の不動尊を書て供養しけるとなん/s294l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/294

1)
巨勢広高。弘高・広貴・広孝とも書く。底本は「広高」に「弘歟」と傍書。あとの本文中に「弘高」とあるので傍書に従い、「弘高」に統一する。
2)
「桙」は底本「杵」。諸本により訂正。
3)
村上天皇皇子具平親王
4)
藤原道長
5)
巨勢金岡
6)
巨勢公茂
7)
巨勢深江
8)
巨勢公忠


text/chomonju/s_chomonju387.txt · 最終更新: 2020/05/15 21:24 by Satoshi Nakagawa